« さすが大寒 | トップページ | 日本水仙 »

2015.01.22

しゃがむ

和式トイレで育ったわれわれ世代は、しゃがむのが得意である。しゃがむと股関節、膝関節、足関節が最大限に屈曲する。屈曲したほうと反対側はめいっぱい伸展する。つまりストレッチされるわけだ。女性など一日に何度もしゃがむわけだから、そのスクワット運動によって自然に足腰が鍛えられることになる。

若い人はしゃがむのが下手である。しゃがもうとすると足首や膝が曲り切れないので、後ろにひっくり返ってしまう。しゃがんでいるように見えても、よく見ると、かかとが浮いている。爪先立ちのようなかっこうでしゃがんでいるのだ。とうぜん、正座もできない。正座をしてご飯を食べるということがなくなったからだ。正座は膝によくないという医者もいるが、それは西洋医学的な偏見である。

洋式トイレは、たしかに楽である。便座は温かいし、温水洗浄までしてくれるから、これを使ったらもう後戻りはできない。なかには乾燥までしてくれる奴がある。うちでは洗浄したあとペーパーで水気を拭いている。

治療室の建物は古いので、和式トイレを使っている。そこで、けさ発見したことがある。洋式トイレは、お尻まで手が届きにくいということだ。和式トイレで深くしゃがんだ姿勢のほうが、お尻まで手が届きやすい。つまり、和式トイレのほうがお尻がきれいに拭けることになる。

そうはいっても洋式トイレはいい。ほとんど臭わない。和式、とくに汲み取り式の便所はひどく臭ったものだ。今の子どもなら、完全にめまいを起こすだろう。便所とはそういうものだったのだ。しかし、肥溜めで曝気して肥料にするというすぐれたリサイクル術はいったいどこへ行ってしまったのだろう。

にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
にほんブログ村 ←ポチッとお願いします。


« さすが大寒 | トップページ | 日本水仙 »

コメント

和式トイレには、ストレッチ効果の良さがあるのですね。
我が家は洋式に代えてから、その便利さを実感しています。
やはりしゃがむのが、楽ですねぇ~

昔のポッチャントイレは、子どもの頃はまらないかと怖くて嫌でしたね。

投稿: まこ | 2015.01.23 10:32

★まこさん、
レスありがとうございます。
変化が速すぎて、ひずみも出てきます。
小学校では和式を残しているそうです。

薪からガスへ
便所からトイレへ
着物から洋服へ
呼び出しからスマホへ
これはもう革命だ

投稿: ripple | 2015.01.23 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さすが大寒 | トップページ | 日本水仙 »