« お墓掃除 | トップページ | 冬の法事 »

2014.12.18

ならばここに花を植えよう

きのうの読売新聞「編集手帳」に、工藤直子さんの『花』という詩が紹介されていた。これは五行歌として見ることもできる。なかなかいい作品だ。

 わたしは
 わたしの人生から
 出ていくことはできない
 ならば ここに
 花を植えよう

◆ひとつの夢が破れたとき、人は”第二の人生”という花を植える。できれば、夢の跡から離れた場所に植えたいのが人情だろう。近くに植えて、挫折の記憶に日々新しく胸を刺されるのはつらい。まばゆい栄光の時を知る人であればなおさらである◆その人は夢の跡に花を植えた。プロ野球DeNAで5年間にわたって裏方の用具係を務めた入来イリキ祐作さん(42)である。選手のためにボールをそろえ、ユニホームを準備し、グラウンドを整備した。かつては巨人にドラフト1位で入団した投手である◆入来さんがソフトバンクの三軍投手コーチに就任し、指導者の道を歩むことになったという。植えたときはまさか咲くと思いもしなかった花だろう。記者会見では男泣きに泣いたと聞く◆用具係の実人生そのままの設定で缶コーヒーのテレビCMに出たことがある。共演した宇宙人役の語りを思い出す。〈この惑星の住人の人生は一直線とは限らない〉。美しき曲線の前途に幸多かれ。

天理教の教祖、中山ミキの歌を思いだす。

人が
何ごと
言おうとも
神は見ている
気をしづめ

« お墓掃除 | トップページ | 冬の法事 »

コメント

亡き父は「いつでも種まきや」と よう言うとりました。
花は咲かんかもしれん、芽も出んかもしれん、けど、いつかは何とかなる。
その父が蒔いてくれた 種のおかげだと思うことが この歳になって解ることが多々あります。
四国のどこかのお寺に 「今が一番若い日」って書いてありました。
もう、今からじゃ無理だと諦めず 人様のために種を蒔く いつかは・・・
というより すべて自分の為です。エエかっこ言いません。欲張りです。
けど、まず自分のためにやったことは どこかで失敗してしまう。
「世界に一つだけの花」って あの歌 私嫌いです。
みんなそれぞれ 自分勝手になんて いやです。
みんな一緒で何がいけないんですか?
みんな同じだから その中で一番になろうと頑張れるんです。
引き立つように努力できるんです。
みんな知ってる お隣にも お向かいにも咲いてる花を私は植えようと思ってます。
でも、我が家のが一番 「お世話してるなぁ〜」って 言ってもらえる花です。

投稿: メーメー | 2014.12.20 11:22

★メーメーさん、
「今が一番若い日」という言葉いいですね。
なんか前向きで夢があります。日々の暮らしに
よい種をまくことが大切ですね。けっして
わるい種をまかぬよう注意しなければなりません。
情けはひとのためならず、という言葉がありますが、
ひとのためにすることが結局は自分のために
なっているのだと思います。
前にこんな五行歌を詠んだことがあります。

いいことをする人は
りっぱだが
悪いことをしない人も
負けないくらい
りっぱだ

投稿: ripple | 2014.12.20 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お墓掃除 | トップページ | 冬の法事 »