« 天皇誕生日 | トップページ | 初恋の来た道 »

2014.12.24

クリスマスは静かに

Xmas_2クリスマスイブは恋人と過ごすなんて、だれが言い出したのだろう。欧米ではクリスマスは日本のお正月と同じで家族た集まって過ごすのがふつうだ。イブや当日は教会に行き、ミサに参加する。しめやかにキリストの誕生をお祝いするわけで、あんまり大騒ぎはしないものだ。

アメリカにいるとき、冬休みに友達の車に相乗りしてインディアナからニューヨークに行き、そこからボストン、モントリオール、トロントなどを旅したことがある。ちょうどクリスマスイブのとき、ボストンに着いた。地下鉄の駅前広場では雪のなか、救世軍がクリスマス曲を演奏していた。いわゆる社会鍋を置いて、貧しい人のために寄付金を募っていた。そのなかの一人に誘われて、子供たちの劇を見に行った。キリスト生誕の芝居で、なかなか面白かった。

夜は大学の知人宅に泊めてもらった。お母さんが日本人は魚が好きだろうと、鱈のフライをつくってくれた。当時、魚と言えばタラがメインだったのだ。知人の弟たちとビリヤードをしたり、卓球をしたりして遊んだ。夜は教会のミサに行った。静かなクリスマスイブだった。

翌朝はモミの木の下に置かれたクリスマスプレゼントの包み紙を開けるのが一大イベントだった。誰々さんから誰々さんに何々のプレゼント・・・、そしてそのつど拍手にハグだ。クリスマスは家族水入らずで過ごすのが一般的らしい。この夜、私という水が入ってはいたが。

« 天皇誕生日 | トップページ | 初恋の来た道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇誕生日 | トップページ | 初恋の来た道 »