« 「五行歌」誌、12月号投稿歌 | トップページ | 吊るし柿 »

2014.12.05

短い五行歌

『五行歌』誌12月号の表紙の歌は短かった。
無駄を極限にまで削ぎ落とした歌である。
だが言われてみれば真理である。
だれも自分に嘘をつくことはできない。
焔太先生の言葉を借りれば、
「虚実のすべてを語っている歌」である。

 ほんとうのこと      和美(なごみ)
 

 自分に
 だけ
 言う

« 「五行歌」誌、12月号投稿歌 | トップページ | 吊るし柿 »

コメント

私も短い五行歌に憧れます。
出来るだけ短い言葉で心を表したいですね。

投稿: ミモザ | 2014.12.07 09:28

★ミモザさん、
ため息のようなつぶやき、独り言。
そんなものでも五行歌にできますね。
いろいろ言いたくなるし、説明したく
なるけれど、抑えて余韻をだす。
かといって俳句とは違うしねえ。

投稿: ripple | 2014.12.07 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「五行歌」誌、12月号投稿歌 | トップページ | 吊るし柿 »