« クリスマス飾り | トップページ | 四本鍬のネジ »

2014.12.10

しんゆり五行歌会(12月)

寒い日だった。12人の歌会。時間のあるひと7人は蕎麦処「つづらお」に行き、軽く忘年会気分となった。ここは蕎麦がうまい。店を出ると、新百合ヶ丘駅前はイルミネーションに灯がともり、クリスマスムードいっぱいである。別れの挨拶は早くも、「よいお年を!」だ。

誰の心にも名作がある、          片野あらため茗水(一席)
このメッセージは
人間への強い応援歌だ
見事に乗せられて
うたを作っている

つらい出来事                 とし子(一席)
丸ごと
抱きしめて
明日の希望へ
今日 一歩

家の中の時差が               有水(三席)
ますます広がり
朝型の私に
夜型の主人
朝刊読み終わると夕刊が入ってる

賑ぎ賑ぎしい紅葉に負けない       高岡(四席)
カラフルなお弁当広げ
おしどり、スワンと遊ぶ
井の頭公園の
大きな秋みつけた

霜が降りて                   京子(四席)
白菜や大根が
甘くうまみ凝縮
人間も
そうなのかな

ウワッ                       ripple(四席)
生きてる
このプードル
ぬいぐるみかと
思ったよ

« クリスマス飾り | トップページ | 四本鍬のネジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス飾り | トップページ | 四本鍬のネジ »