« 晩秋の紫陽花 | トップページ | 誕生日 »

2014.11.19

神楽坂ぶらさんぽ

水曜日は「神楽坂ぶらさんぽ」なる企画に乗って、神楽坂を歩いてきた。気温が低く、北風が強かったが、昼頃には比較的らくになった。地元に詳しいガイドがイアホンを介して案内してくれるので、とても面白かった。かくれんぼ横丁、軽子坂、藁坂、揚場町、毘沙門天、ミシュランの星をもらっている料亭やレストラン、見番、文豪の住居跡など、いろんなところを見せてもらった。飯田橋駅西口南側には牛込御門の石垣が残っている

P1040641_800x590
神楽坂、朝は下り、午後は上りの一方通行。正午から一時間は歩行者天国。

昼食は「八百萬」の懐石料理。ヤオマンと読むのかと思ったが、ヤオヨロズだそうだ。和菓子「五十鈴」で栗きんとんと栗まんじゅうを買う。その名の通り、坂が多いのでけっこうくたびれた。

神楽坂の芸者に
ひと目ぼれ
それをもとに
湯島の白梅を書き上げた
泉鏡花

« 晩秋の紫陽花 | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の紫陽花 | トップページ | 誕生日 »