« 揚げ家と曳き家 | トップページ | 釣り人 »

2014.10.16

ホトトギス

Hototogisu
ホトトギス

日陰で咲いていることが多い、地味な花だ。注意しないと見過ごしてしまう。細い花びらは、白地に赤紫のまだらな斑点が撒かれている。鳥のホトトギスの胸模様に似ているのでこの名があるが、鳥のほうの画像を見ると胸の柄は縞模様に近い。

鳥のホトトギスはカッコウの仲間なので托卵をする。モズ、ウグイス、ホオジロなどの巣に卵を産み、育ててもらうのだ。大きな卵を自分の子と信じて餌を与えつづけるほうも馬鹿だが、托卵というのはじつに非道な行為である。

ホトトギスと
名付けられたが
花に罪はない
ただ懸命に
咲くだけのこと


« 揚げ家と曳き家 | トップページ | 釣り人 »

コメント

ホトトギスの託卵と言うのは先祖からの伝来ですよね、
ずるい行為だけれど、それが先祖代々受け継がれて
居るというのは不思議だね。

投稿: | 2014.10.17 07:37

★功さん、
そうですね。人間の尺度をつかうと非道だけれど
それも生き物の知恵といえば知恵。戦争のような
大量殺りくにくらべたら罪はありませんね。

投稿: ripple | 2014.10.17 08:49

人間社会でも・・・
昔は子育ては 親の仕事で 『しつけ』と言われて
いつの間にか 『しつけ』と言うものを 保育園とか学校とか
他人に任せるように成り しつけを教えてもらうものになりつつある様な
その結果 
モンスターペアレンツとか言う言葉も生まれて そして消えて行った?
ホトトギスの行動を オオチャクそうに言うけれど
今の世間は 皆ホトトギスより 訳が悪いんとちゃいますか?笑
ホトトギス 育ててもらえなくっても 文句言いませんよねぇ〜

投稿: メーメー | 2014.10.17 09:06

★メーメーさん、

カッコウの
ヒナの背中は
くぼんでいて
他の卵をのせて
捨てるとか

なにか理由があって、こういう生き方を
とるようになったのでしょうね。

投稿: ripple | 2014.10.17 13:27

この前丹沢に登ったときはホトトギスがたくさん咲いていました。見つけると嬉しくなる花です。

投稿: エノコロ | 2014.10.23 22:46

★エノコロさん、
地味な花ですが、知る人ぞ知る花ですね。
鳥のほうは声は聴くけど姿は見ていません。
用心深い鳥なのかもしれませんね。

投稿: ripple | 2014.10.24 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 揚げ家と曳き家 | トップページ | 釣り人 »