« しんゆり五行歌会(10月) | トップページ | 秋明菊 »

2014.10.23

しつこい咳

夏風邪をこじらせて、なかなか咳が止まらないという患者さんが来ている。長引く咳には、胸と背中のお灸がよく効く。そういう人は首や肩が緊張している人が多く、そこをほぐせば血行がよくなり、気管も広がるからだ。自分でも咳が出るとき、胸と背中にお灸をするが、すごくらくになる。指圧でもマッサージでもある程度きくが、針や灸ほどは長持ちしない。

お灸はせんねん灸のような温灸でもいいが、しつこい咳の場合は、お米粒の半分ぐらいの大きさの艾(もぐさ)を置いて直接灸をするほうがいい。チカッと表面を焼くだけだから跡も残らない。熱さも一瞬だけ。足の三里にも灸をすえておくと全身のエネルギー調整ができる。風邪の予防としては、夜寝るときに「使い捨てマスク」をするようにすすめている。

« しんゆり五行歌会(10月) | トップページ | 秋明菊 »

コメント

実は、しつこい咳に辟易しています。
rippleさんが近くなら、お灸をお願いするのですが・・・。

売薬で、なんとか治りつつあります。
夏風邪のしつこい咳だったんですね。

投稿: 荒野人 | 2014.10.25 21:40

★荒野人さん、
さしあたって、使い捨てマスクをするといいでしょう。
吸入器があれば吸入も効果があると思います。(^-^)

投稿: ripple | 2014.10.26 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しんゆり五行歌会(10月) | トップページ | 秋明菊 »