« 東京駅 | トップページ | メールが受信できない »

2014.10.01

『五行歌』10月号・投稿歌

セキレイが
ツツツツツツと
走っては止まり
私を見ている
ひょっとして父?

生のイカを
写生する
睨み返されて
「うまく描くからね」
と繰り返す

優先席に
若い子が
座ってる
むかし寝たふり
いまスマホ

スマホを
使いたいから
座りたいのだろうが
こころに
余裕がなくなっている

法法華経に
仏法僧ときた
坊主が聴けば
野鳥も
修行中らしい

歌会は
心の扉を
開くから
たがいに
すぐ打ち解ける

« 東京駅 | トップページ | メールが受信できない »

コメント

良い歌ばかりですね。
心に余裕がないと中々出てきません。
人様の歌を読むのは好きですが
自分が書こうと思っても上手く行かないです。
宗教のように感応道交の世界ですね。

投稿: tama | 2014.10.03 09:56

★tamaさん、
うまい下手はともかく、数をつくるといいようです。
一日5首ぐらい書けば、たまにはいい歌ができるよう
な気がします。人さまの評価はともかく。(^-^)

投稿: ripple | 2014.10.03 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京駅 | トップページ | メールが受信できない »