« 『五行歌』誌9月号、投稿歌 | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »

2014.09.04

ripple (リプル)

掲示板やブログ、あるいはいろんな登録で、ripple というハンドルネームを使っている。もう10年以上rippleで通している。rippleとは「さざなみ」という意味で、ripplesと複数形で使われることが多い。五行歌の会では、ほとんどの人が日本語の筆名を使っているから、私もそうしようと思うのだが、なかなか思い切れない。

なぜrippleという名前にしたかというと、瞑想で体験した「さざなみ」のような感覚が忘れがたかったからである。20年以上も前のことだが、ドイツ人の友人に紹介されて、ヴィパッサナー瞑想の10日間コースに参加した。1日10時間から12時間ほど瞑想する。食事は朝と昼だけ、会話は禁止。お尻が痛い、足が痛い、眠い、妄想がわく。どうなるかと思ったが、あんがい慣れてしまうものである。奉仕を含めて8回ほど瞑想コースに参加した。

瞑想を深めていくといろんなことが起こるが、私がかならず体験したことがある。それは、からだ全体が静電気の膜のようなものに包まれ、ジーンと軽くしびれたような状態になることだ。その微細な振動が潮の満ち干のように寄せては返す。サワサワサワと寄せて来るかと思えば、ジワーッと引いていく。この細やかな振動が「さざなみ」のように感じられたので、その英語であるrippleをハンドルネームとして使うことにしたのである。

→ヴィパッサナー瞑想体験記


« 『五行歌』誌9月号、投稿歌 | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »

コメント

rippleさんという名前にはそんな意味があったのですね。素敵な名前いつまでも使い続けてください。

投稿: エノコロ | 2014.09.05 16:56

★えのころさん、
空き地や道端のエノコログサもだいぶ秋色に
なってきました。一か月も留守にすると、
いろいろ変わっているでしょうね。

投稿: ripple | 2014.09.05 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『五行歌』誌9月号、投稿歌 | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »