« 草刈機 | トップページ | 緑の矢印信号 »

2014.09.01

下駄箱

玄関には下駄箱がつきものだ。しかし、そこに下駄が入っている家はないだろう。あっても使わないで、しまいこんである程度だ。

考えてみれば、学校でも下駄箱といいながら、そこに下駄など入れた覚えはない。小中高と通ったが、下駄箱はずっと靴入れだった。もちろん、明治大正の頃は下駄を入れたのだろう。昭和初期もたぶん下駄だったろう。しかし、戦後はもっぱら靴になってしまった。

Geta

だいぶ前のことだが、桐の下駄が履きたくなって購入した。最初は鼻緒がきつかったが、なれると軽くて歩きやすい。下駄は多少とも足の指に力を入れないと脱げてしまうから、足の指もその本来の役割を果たすことになる。ただし、それは家の周りを歩くぐらいのときだ。土の上を歩くときにかぎる。

あるとき選挙があって、近くの中学校に下駄を履いて投票に出かけた。しかし、歩き始めて数分で、下駄が現代社会には不向きであることを悟った。アスファルトの道がいけない。コンクリの道はもっといけない。舗装道路が硬くて、下駄が路面に当たるショックが強く、それが脳天に響くのである。もちろん、カッカッと音もうるさい。それからは下駄を履くのを諦めた。

下駄や草履は何百年ものあいだ日本人が履いてきたものだ。靴になったのはまだ百年足らずである。靴のほうが丈夫だし、圧倒的に動きやすい。しかし、下駄や草履の文化も捨てがたい。だから下駄箱を靴箱と呼ばないで、言葉だけでも下駄箱と呼びつづけるのはいいことだと思う。

下駄箱に
下駄はない
靴ばかりだが
下駄箱と
呼び続けよう


« 草刈機 | トップページ | 緑の矢印信号 »

コメント

最近の女性の下駄は裏にゴムが貼ってあります~
私は夏になると下駄ばきです・・・
でもそれも家の周りとせいぜいスーパーの買い物程度です
今年はもう~キレイに拭いて下駄箱にしまいました
一夏、二夏、三夏ぐらいは履きます。

投稿: namiko | 2014.09.01 16:35

そう言えば下駄箱に下駄を入れた記憶がありません。

子供の頃、学校の下駄箱はボロボロの運動靴と、おふくろの編んでくれた草鞋の上履きを入れたものです。

“下駄箱”永遠なれ!

投稿: 魚衆 | 2014.09.02 09:10

★namikoさん、
そうでした。雪駄というか、男物の草履なんかも
裏にゴムが貼ってありますね。バイクのタイヤの
お古なんかが貼ってあります。ただゴムを貼ると
あのカランコロンの感触がなくなってしまう。
下駄、浴衣、草履など、残したいですね。

★魚衆さん、
このあいだ、新築住宅の見学に行きました。
鉄骨の三階建てでほとんど洋風でしたが、
玄関の脇につくりつけの大きな下駄箱が
ついていました。案内の人も自然に「下駄箱」
と言っていたのを思い出しました。

投稿: ripple | 2014.09.02 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草刈機 | トップページ | 緑の矢印信号 »