« 今の子は足が長い | トップページ | 反るとらくなら反らせる »

2014.09.15

天神社のお祭り

9月の第2日曜日は枡形神社のお祭り。お昼ごろ神社に行ったら、女坂から御神輿が降りてきた。子供神輿を天神社から神酒所に移動しているところかもしれない。さいわい、天気があがり、それほど強烈な暑さでないのがいい。

天神社の境内は、午後1時半から始まる演芸の準備や、売店が並んでけっこう賑やかだった。焼そばと焼き鳥を買って食べる。

エコ座というテントがあって、紙芝居でエコの啓蒙活動をしているらしい。紙芝居をやるのは91歳の男性。その方と話したが、戦争に行って、シベリアに抑留され、復員してからはレッドパージに遭い就職もできなくて苦労したという。それから日活に入って俳優業をやり、今は世の中のためにとエコロジー運動に参加しているということだ。頭が下がる。

まだ腰の調子が万全ではないので、午後の催し物は見ないで帰った。今年は神社総代の小川聖子さんも歌を披露するという。専修大学のジャズバンド、地元のおやじバンド、菅の祭囃子、長尾子供太鼓など、出し物は多い。異常気象とはいえ、この地域は大過なく過ごさせてもらっている。これも氏神様のおかげと思う。

なんでも
いいほうに
解釈する
それも
生きる知恵

« 今の子は足が長い | トップページ | 反るとらくなら反らせる »

コメント

私の姉は何でも良い方に解釈します。病気になっても良い方に考えるので、気持ちで治してしまいます。

投稿: エノコロ | 2014.09.15 14:40

★エノコロさん、

泣いても
笑っても
一生
楽天家の
勝ち

投稿: ripple | 2014.09.15 17:39

秋祭り
氏神様に
誘われて
老いも若きも
家を出る

投稿: tama | 2014.09.15 20:58

★tamaさん、

お祭りに
集う
顔顔顔
氏神様も
ご満悦

投稿: ripple | 2014.09.16 14:00

なんだかおっさんになると、神輿を担ぎたくなりますw
懐かしく思うんでしょうか・・・昔はお菓子目当てに、
登戸の太鼓引きに参加したことを思い出します。

ただ、思いつきで行動すると、必ずどこかが
痛くなったりつらくなるので、怖くなります。
それも、おっさんになってから思うことです。

浅草の祭りを見にいったことがあります。
重い神輿をせり上げて、ワッショイ!ワッショイ!と
勢いづいて担いでいました。重たいのにすごいな!と
感心するばかりでした。

ただ、ああやって元気に神輿を担げるってことが
どんなに幸せで恵まれているのかなどと思いました。

投稿: がっぽり | 2014.09.16 22:22

★がっぽりさん、
うちにも親戚に祭り男がいます。とにかく神輿を
担ぐのが好きで仕事そっちのけです。遠くは浅草、
茅ヶ崎のほうまで担ぎに行きます。肩には神輿だこ
ができており、むかしそれで気胸をやったことが
あるくらいです。肺に穴が開く病気です。
 私も太鼓の音を聞くとそわそわしてしまいます。
みんなで一緒に汗をかくのは楽しいですね。

投稿: ripple | 2014.09.18 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今の子は足が長い | トップページ | 反るとらくなら反らせる »