« 酔芙蓉が色づかない | トップページ | 銀杏(ギンナン) »

2014.09.26

セアカゴケグモに注意

お彼岸でお墓参りに行ったとき、寿福寺の水場に「セアカゴケグモにご注意ください」というポスターが貼ってあるのに気が付いた。去年の10月に川崎市多摩区で発見されたという。たしか新聞で読んでいたと思うが、すっかり忘れていた。

セアカゴケグモは外来種のクモで、日本では1995年に初めて大阪で見つかり、この20年足らずの間に35府県に広まったという。毒があるメスの体長は1センチほどで、全体的に黒く背中に赤い帯状の模様があるのが特徴である。赤い模様は小さな砂時計のような形をしているらしい。噛まれると激痛が生じ、症状が重いときは痛みが全身に広がり、頭痛や吐き気を催すことがあるという。

きのう、三鷹市の団地でも何匹か見つかったらしい。温暖化というか、熱帯化というか、気温が上がれば昔とは違った生き物がはびこるようになる。植物にしても動物にしても外来種はしぶといやつが多い。

話は変わるが、経済界では労働力が不足しているので、もっと外国人労働者を入れようという考えが主流だが、どうだろう。一般的に言って、中国や韓国の人は自己主張がつよく、しぶとく、したたかである。お人好しの日本人など簡単に押し切られてしまうだろう。

労働力が少なければ少ないなりにやっていけばいいのではないだろうか。金儲けばかり優先させると取り返しのつかないことになりかねない。労働力として移民を受け入れてきたヨーロッパも、格差や福祉の問題に直面し、いま、その政策を転換しているではないか。

国際化というと
聞こえはいいが
国の持ち味が
どんどん
消えてゆく


« 酔芙蓉が色づかない | トップページ | 銀杏(ギンナン) »

コメント

何もかも西洋かぶれになって、何も良いとは思えません。
ある程度の規制も必要と思います。
日本の良かったところがみな壊されて行く気がします。

投稿: tama | 2014.09.26 16:57

★tamaさん、
クモの話から外国人労働者に飛びました。
安倍さんのばらまき外交が気になります。
国連の常任理事国なんて、いりません!

投稿: ripple | 2014.09.26 17:30

土木建設関係では人手不足と言われて居るが、
学校は卒業したが就職が出来ないと言う人も
かなり居るらしい。
何となく「このままで良いのかな」と思う。

投稿: | 2014.09.26 17:56

流通がいいと言う事
どこでも手軽に手に入る
そこに行かなければ
食べる事の出来ない物
それもあっていいと思う

先日 その御店に行かなければ手に入らない物ばかり 探しました。
おかげで足腰くったくたですが。。。。
何もかも 量産出来れば良し とか どこの国でも良し とか
やはり 『伝承』して行くってのも必要だと思うのですが 
『細く長く身の丈を知る』ってのでは 生きて行けないのでしょうか。
自国で。。。『自分の事は自分で』って 幼い頃教わったような・・・

投稿: メーメー | 2014.09.26 20:22

国際化は
無国籍化
国境は
個性の結界なのに
失うのが国なんて

投稿: 荒野人 | 2014.09.27 09:37

★名無しさん、
震災特需とオリンピック事業で建設ラッシュ。
労働力に見合った規模でやればいいのにと
思います。それでなくても人口は減るのだから。

★メーメーさん、

人も
国も
個性があって
仲良くやるのが
いい

どこに行っても同じじゃ面白くないですね。

★荒野人さん、
世界中が英語と中国語、それにスペイン語なんて
なったら悲しいですね。五輪の輪の色も一つに
なっちゃう。違いを認めて仲良くやるのが真の
国際化でしょう。

投稿: ripple | 2014.09.27 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酔芙蓉が色づかない | トップページ | 銀杏(ギンナン) »