« 鏡を見ると | トップページ | ムラサキシキブ »

2014.09.17

しんゆり歌会(9月)

               
マリオネットの            中川宣義(一席)
演じ終えた
形をして
男が寝入っている
最終電車

              
肌がけの               とし子(二席)
たよりなさに
身をよじる
忍びこむ冷気
明けガラス鳴く

うなぎはしっぽが          京子(三席)
おいしいんだって
いつも私は
おいしいところを
食べていたんだ

踏切で                ripple(四席)
電車が通り終わるのを
待っている
枕木が
ホワンホワン沈む

かけ声そろえ            岩重美江
地響きたてて
走る少年の一団
目的達成し
大きな星になれ

弟妹に 親に 夫に         浅井淑子
つくし続けた長姉
病んで
初めて見せる
幼子の面ざし

« 鏡を見ると | トップページ | ムラサキシキブ »

コメント

ご夫婦そろって入選ですね(^^)v
京子さんの五行歌は分かるなあ。
rippleさんのホワンホワンは
いい感じ♪
一席の五行歌もいいですね。

投稿: ミモザ | 2014.09.19 08:38

★ミモザさん、
うなぎは尻尾側のほうが油が乗っており、
ビタミンAなども多いそうです。歌会でも
知っている人はいませんでした。
ウナギ屋さんも黙っています。尻尾のほう
ばかり売れても困りますから。(^-^)

枕木は意外に軽くホワンホワン動きました。
電車の重要なクッションなのですね。

五行歌も具体的で、焦点をしぼる、これが
大切だと思います。

投稿: ripple | 2014.09.19 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鏡を見ると | トップページ | ムラサキシキブ »