« しんゆり五行歌会(7月) | トップページ | 多摩川土手 »

2014.07.17

カナブン退治

葡萄の葉が虫に喰われて、小さな穴がたくさん開いている。近づいてよく見るとカナブンがたかっている。去年はいなかったが、その前にもたくさんついて葡萄が収穫できなかったことがある。カナブンはコガネムシともいうが、2、3センチの緑色をした虫だ。

カナブンの退治は簡単だ。葡萄の葉っぱを見てカナブンを探し、そいつを棒で軽く叩いてやればポトリと落ちる。それをビニール袋に入れてしまえばいい。葡萄の葉を下から見ると黒っぽくなっているところを叩けば、2、3匹、一度に落とすことができる。なかには途中でうまいこと飛んで逃げるやつもいるが、朝方やればたいてい地面に落ちる。ビニール袋に少し水を入れておけばやがて静かになる。

小さな虫でも殺生はよくないのだが、背に腹はかえられない。あと数回やれば、カナブンもいなくなるだろう。

葡萄の葉を
軽く叩いて
カナブンを落とし
袋に入れる
ごめんな


« しんゆり五行歌会(7月) | トップページ | 多摩川土手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しんゆり五行歌会(7月) | トップページ | 多摩川土手 »