« ミソハギ | トップページ | 百日紅(サルスベリ) »

2014.07.30

桃狩り

P1030083_800x591

P1030084_800x600

定休日はいつも、治療室で使ったタオルの洗濯と草むしり。きょうは32℃ぐらいあるが、風があって湿度が少ないせいか、わりに過ごしやすい。午後、急に思い立って桃狩りに行くことにした。中央高速で勝沼まで行き、そこから一般道を一の宮のほうに向かう。やがて「もも」と「ぶどう」の幟が目につくようになった。適当に車を走らせて一軒のもも園に入る。

お昼を食べたばかりなので食べ放題の桃狩りは諦めて、試食をさせてもらう。りっぱな桃をまるごと試食させてくれた。皮ごとほうばる。瑞々しくて、うまい。桃の甘さは大きさや色だけではわからないそうだ。香りや張りも決め手になるらしい。ま、一本の木でも場所によって甘いのやら甘くないのやらに分かれるのだから難しい。

店のおばあちゃんに話を聞くと、今が一番おいしいときだよという。最盛期なので、だいたい朝4時に摘みとりを始めるらしい。それから選別し、箱詰めに発送する。ゆうべは宅急便で送るのが多く、夜11時までかかったという。生ものだから短期間の勝負なのだ。よく日に焼けているが、桃園には桃の色づきをよくするために銀色のシートを敷いてあるからかもしれない。まったく農業は大変である。甲府は東京より3℃も5℃も暑いのだから、その苦労は推して知るべしである。

手をかけただけ
美味しい桃ができる
なんでもそうだが
育てる過程が
大事なのだ

« ミソハギ | トップページ | 百日紅(サルスベリ) »

コメント

先生も同じことしてますね?w
実は僕も、ふら~っと勝沼に行きます。
いちご狩りとさくらんぼ狩りは毎年行ってますが、
桃と葡萄は一度もありません。食べ放題で割に合わないからですw

でもブログ見て、桃狩り行って見ようかな!?と
思うから不思議ですw

それにしても、勝沼に行くと農園がたくさんありすぎて
どこに行って良いのか迷いませんでしたか?

さくらんぼ狩りの時は、いつもふら~っと入るのですが、
繁忙期で接客も雑でさくらんぼもおいしいのが食べられちゃったみたいで・・・次回から知恵しぼります。

投稿: がっぽり | 2014.07.31 22:35

★がっぽりさん、
むかしは、うちでも桃山があって、毎日たくさん
食べていました。虫食いや割れたのですけれど。
そういうのが案外うまいんです。
数年前、日帰りツアーで桃借りやブルーベリー狩り
をやりました。年を取るとあまり食べられませんね。
でも、桃がなっているのを見るのはたのしいですね。

迷いましたが、フラーっと入りやすいところに
入りました。あんまり看板が派手なところは避け
ました。土日はやはり混むでしょうね。

投稿: ripple | 2014.08.01 12:31

美味しそうな桃が沢山なっていますね。
大好物です。
買う時の見立てが難しいです。
手で押さえられないし美味しそうに見えていても、
甘くないのもありますし、芯から腐り掛けているのもたまにはありますし。
値段が高いから好いとも言えないですし。美味しい桃を買い当てるととても嬉しいですが。

投稿: tama | 2014.08.02 21:38

★tamaさん、
ほんとに桃の見立ては難しいですね。
先日、桃農家の人が話していたのは、
桃の張りぐあい(ふくらみ)と香り
が決めてになるとのことでした。
痩せた実よりふくよかなほうがいい。
香りも確かですが、ぜんぶをクンクン
やるわけにもいきませんね。

投稿: ripple | 2014.08.03 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミソハギ | トップページ | 百日紅(サルスベリ) »