« 神代の昔 | トップページ | 法事と懐石料理 »

2014.06.28

グロリオサ

Dsc_8396_800x531
グロリオサ

雨に咲く
グロリオサ
梅雨はブルーと
決めつけては
いけない


« 神代の昔 | トップページ | 法事と懐石料理 »

コメント

『グロリオサ』には 音の無い世界が似合いそう〜

花盛りと言う言葉は当てはまらない
長い枝の先っちょに 
ひょろひょろ 赤くヒラヒラ
目立ちたい訳じゃないけれど
花を見てくれたら それでいい!

投稿: メーメー | 2014.06.29 12:06

私も大好きなグロリオサです。
生け花にも良いですし割合寒さにも強いので、
掘り起こさなかった年でも芽が出てくれます。
黄色と赤を植えています。
芽が出てくるとあわてて肥料をやっていますヾ(´ε`*)ゝ。

投稿: tama | 2014.06.30 11:06

★メーメーさん、
グロリオサは、別名「百合車」あるいは「狐百合」
などとも呼ばれるそうです。3、4年前に苗を
植えたのが毎年咲いてくれます。庭のアクセントに
なってくれます。不思議な花ですね。

★tamaさん、
上海を舞台にしたドラマで、クライマックスに
この花が到着するシーンがありました。中国語
では火炎花というそうですね。たしかに火炎です。
(^-^)

投稿: ripple | 2014.06.30 12:51

ripple様はグロリオサの球根を毎年堀上られるのですか?

投稿: tama | 2014.06.30 16:50

★tamaさん、
いいえ、恥ずかしながら、ほったらかしです。
三本あったのが一本だけになってしまいました。

投稿: ripple | 2014.06.30 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神代の昔 | トップページ | 法事と懐石料理 »