« 小田急の脱線事故 | トップページ | ゴミ拾い »

2014.06.21

夏至

夏至は昼間が一年で一番長い日である。また、太陽が真南に来るときの高さが一年で一番高くなる日でもある。ほとんど頭のてっぺんからお日様が差す。だいたい6月21日か22日で、去年は22日だった。

Gesi

ただ夏至が一年で最も暑い頃かといいうと、そうではない。地面や大気は温まりにくくて冷めにくいから少し遅れるのだ。だいたい1か月あまり遅れるから、いちばん暑いのは7月下旬から8月上旬ごろになる。冬至も12月20日ごろだが、いちばん寒いのは1月下旬から2月の上旬ごろになる。

不思議なことに、地軸が23.4度傾いているおかげで地球は四季があり、季節の変化が楽しめる。寒い冬があるから春の暖かさを喜び、暑い夏があるから秋の涼しさを喜ぶ。植物の生長や収穫も、季節のおかげである。こういう大きな力を「神」と呼んでも少しもおかしくないだろう。

人はむかし
お日様や
お月様や
お星様と
友だちだった


« 小田急の脱線事故 | トップページ | ゴミ拾い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田急の脱線事故 | トップページ | ゴミ拾い »