« 東野圭吾の『手紙』 | トップページ | 夏日 »

2014.05.14

ああ、よかった!

火曜日の朝、8時半ごろ地震があった。治療室に着いてすぐ、外でサイレンが鳴った。そのサイレンが増え、パトカーのサイレンも混ざる。近くらしいので行ってみた。見物人に聞いても何が起きたかは分からないという。家具の大正堂の前に消防車が5台ほど並んでいた。しかし、煙の気配もないし、臭いもない。

マンションの3階のベランダに消防士が上って何やらやっている。水はかけたようだが、大したことはなさそうなのでホッとした。

小田急線の反対側にも消防車が3台待機していた。そのうちの一台は超特大のはしご車だったので驚いた。現場の規模がわからないので消防車がいっぱい集まってしまったらしい。地震は関係なかったのだろう。なにはともあれ、大事にいたらなくてよかった。


« 東野圭吾の『手紙』 | トップページ | 夏日 »

コメント

地震、火事、怖いですよね。
消防車の色も怖いし、サイレンも身を縮めます。
何もなくて良かったです。

いま、一寸先は闇!
何が起こるかわからないですものね。

投稿: 秋桜 | 2014.05.15 19:42

★秋桜さん、
救急車、消防車、パトカーのサイレンの音は
いやですね。とくに近くだとこわい。うちの
近くに特養ができたのでけっこう頻繁に救急車
のサイレンを聞くようになりました。
平穏無事がなによりですね。

投稿: ripple | 2014.05.16 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東野圭吾の『手紙』 | トップページ | 夏日 »