« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014.05.31

ドクダミの花

十文字の
花びらが
どこかいびつなのが
いい
どくだみの花

| コメント (2)

2014.05.30

向ヶ丘遊園「ばら苑」

急な階段を
昇りきると
とつぜん
目の前に
花園が開ける

白にピンクが覗く
マリアテレジアという
薔薇
冷たく見えても
血が流れている


P1020012_800x533

あなた
私に目がとまったのね
うれしいわ
今日咲いて
よかった

ほうら
ぼうや
みんなが
きれいきれい
だって


ばら苑には
何度も行っているが
そのつど
新しい
発見がある

| コメント (5)

2014.05.29

栴檀(せんだん)の花

緑化センターに栴檀の花を見に行ってきた。強い風が吹いたせいか、かなり散ってしまったが、愛らしい花を見ることができた。「栴檀は双葉より芳し」というが、風のせいか私の鼻がわるいせいか、香りは感じとれない。ネットで調べると、このことわざの栴檀は白檀のことらしい。なんだそうだったのか。

Dsc_0272_800x531

Dsc_0260_800x531

栴檀の
細い花びらが
ゆれている
おしゃべりが
好きなんだな

| コメント (0)

2014.05.28

作品0027 モナリザ模写

絵画教室では、小学生がモナリザの絵を見て水彩で模写していた。先生が準備したアジサイが萎れていたので、わたしも急遽モナリザを描くことにした。全体を拡大コピーしたものを画用紙に描き写したが、縮尺がうまくいかなかった。頭部が小さすぎたようだ。目とくちびるはまあまあだろうか。とにかくモナリザは不思議な絵である。眉もまつ毛もない。それでいて、えもいわれぬ微笑みがある。

P1010971_608x800人物を
描いていると
私のことどう思う?
なんて
声が聞こえる

モナリザを
模写する
ダビンチの
こころに触れた
気分になる

| コメント (4)

作品0026 野草

P1010978_630x800_2
4月の分、黒いラシャ紙にクレヨンで描く

| コメント (4)

2014.05.27

ほたるの里

ホタルの里の
ホタルの出るあたり
緑がしげり
昼でも暗くなり
ホタルを待つばかり

| コメント (2)

ニゲラの花

Dsc_8312_800x531
ニゲラ(黒種草、キンポウゲ科)

妻が種をまいた
ニゲラが咲いた
ニゲラは黒なのに
と思ったら
種が黒いらしい

葉は針のように細いが、花はため息が出るほどの美しさである。

| コメント (4)

2014.05.26

虎耳の花

Dsc_8305_800x531
羽虫が群れているようなユキノシタの花。葉は虎の耳のよう。

Dsc_8328_800x531
近寄ってみると、かわいい

Dsc_8303_800x531
妖精のよう

ことしも
ユキノシタの葉に
白い羽虫が
やって来た
すごい群れだ

| コメント (2)

マー君、7勝目

ヤンキーズの
マー君は7勝
楽天は5位
ヒーローの抜けた穴は
大きい

| コメント (2)

チェリー・セージ

Dsc_8182_800x531

なかよく
ペアで咲く
チェリーセージ
香りもまた
すがすがしい

| コメント (0)

2014.05.25

なでしこ、アジアカップ初優勝

オーストラリアは
猛牛
なでしこは
忍者
よく豪を制す

| コメント (0)

2014.05.24

セダムの花、星の花

Dsc_8233_800x531
セダムは小さな星の花

Dsc_8270_800x531
2㎝ほどのカマキリの子が見える(拡大可)

黄色の
金平糖かと
思いきや
セダムの花だよ
星の花

| コメント (0)

2014.05.23

なでしこジャパン、中国に勝つ

ゆうべ、女子サッカー・アジアカップ準決勝をテレビで見た。からだのでっかい男みたいな中国選手を相手にきびきびと走り回り、延長戦ロスタイムにセットプレーから決勝点をあげ、2-1で勝った。

前半は日中ともに無得点。後半6分、宮間のコーナーキックを澤が頭でコースを変えてゴール! ワールドカップ決勝の延長戦で見せた技を再現してくれた。後ろのほうから前に走り込んでコースを変えるところは実にうまい。中国選手は棒立ちだった。その後ハンドでペナルティーゴールを決められて同点になり、延長戦に突入した。

90分走りまわったあとで、さらに30分を走るのだから大変だ。両チームともよく走り、何度もきわどいシーンをつくった。これはもうPK戦になるなと思った。が、延長戦のホイッスルが鳴る寸前、宮間のコーナーキックを石清水(いわしみず)が頭で合わせてゴールを決めた。じつに劇的な幕切れとなった。

なでしこはよくがんばった。延長戦の前に控えの選手から筋肉ほぐしてもらう川澄選手の太ももを見たときは、涙が出そうだった。鍛えぬいた筋肉のかたまりを見たからだ。昔の女子サッカーは見ちゃいられなかったが、いまはテクニックもスピードも段違いである。見ていると、こっちも興奮してくる。男子も負けてはいられない。

Dsc_8126_800x535
緑化センターで購入した撫子、もう1か月以上咲いている。

なでしこが
咲いている
うつくしく
ねばり強く
咲いている

| コメント (4)

あどけない花

写真撮らせてください
いいですよ
これは何という花ですか
知りません
毎年ここに咲くんです

| コメント (0)

2014.05.22

大きな雹が降る

P1010877_800x600

P1010869_800x542

11時半ごろだったろうか。患者さんを治療中、とつぜんバラバラと屋根を打つ音が聞こえてきた。窓を開けると雹(ひょう)が降っている。それもかなり大きい。大豆ぐらいか、それより大きいのもある。雨も降りだした。雷も鳴る。空は真っ暗だ。

P1010900_800x552
雹が屋根に当たって砕けるところが写真に写っている

いっぺんに気温が下がるのがわかった。自転車で来た患者さんは、傘がないので雨が止むまで足のマッサージ機をかけてもらった。川崎と横浜には竜巻注意報が出た。ほどなく雨が上がり、日が差してきた。

午後2時の患者さんは雨が上がったと思って傘を持って来なかったら、駅で雨に降られ、雨宿りをしていたとかでだいぶ遅れて来た。天気予報でも荒れると言っていたが、その通りの天気になった。

とつぜん
雹が降り
雷が鳴る
野菜や梨の実が
心配だ

| コメント (0)

2014.05.21

しんゆり五行歌会(5月)

「あ」の形に                   中川(一席)
口をいっぱいに開いて
鯉のぼりが
うたう
春風の歌

一人きりの母の日               浅井(二席)
よーし 思いっきりリッチなディナーを
食べるぞー
なーんちゃって
結局は の・こ・り・も・の

若い男性介護士に              とし子(三席)
手をなでられて
はにかむ母の
頬なでる
若葉色の風

する                        ripple(三席)
しない
そのすべてに
自分が出る
自分の心が出る

「K殿へ」と                    高岡(五席)
巻紙の和紙に書き来し
父の文  
春惜しみつつ
やわらかに抱く

香りを                       京子(五席)
部屋いっぱいに
ただよわせ
アピールする
一輪の芍薬

| コメント (0)

2014.05.20

ジャガイモの花

Dsc_8168_800x562
ジャガイモの花

ジャガイモの花を
見るたび
セサミストリートの
ビッグバードを
思い出す

| コメント (0)

2014.05.19

大往生

5月13日、叔父が肺炎で亡くなった。父の弟で91歳だった。きのう横浜市都筑区の私営のホールで通夜が、きょう告別式が営まれた。別れはいつも悲しいが、90歳を過ぎるとほぼ老衰に近いので大往生である。老人ホームに入居していたので、病院に入院することもなく、安らかに眠れたようだ。

きょう月曜日は告別式。そのあと横浜市北部斎場に行き、叔父を荼毘に付した。北部斎場は周囲を小山に囲まれたところにある。トンネルを通って行くところが現世と隔絶する感じがしてなかなかいい。敷地はかなり広く、モダンで豪華なホテルのようだった。竹山実が2002年に設計したそうだ。

明るく
面倒見のいい叔父が
91歳で亡くなった
苦労もあったろうが
いい人生だったにちがいない

| コメント (3)

2014.05.18

梅の実が採れる

Dsc_8194_800x531

このあいだ
花を楽しんだばかりなのに
もう梅の実が採れる
時間の流れの
早いことといったらない

| コメント (3)

2014.05.17

カルミア

もこもこと
牡丹桜のように
カルミアが咲く
ツツジの仲間というから
おどろく

| コメント (2)

ユリノキの花

緑のそよ風が気持ちいい。自転車で来る途中、そろそろユリノキの花が咲くころだなと思い、府中県道の街路樹を観察してみた。街路樹の葉は、電線や交通標識をかぶるので毎年つよく剪定され、ほとんど花をつけることがない。しかし今日、「いなげや」の前に一本、たくさんの花をつけたユリノキを見つけた。

コンパクトカメラしか持っていなかったが、スポーツモードにしてクローズアップさせ、連写機能を使ってシャッターを押した。風で葉が大きく揺れるのでうまく撮れるかどうか分からなかったが、なんとか証拠写真が撮れた。クローズアップにすると手ぶれが起きやすくなるので、シャッタースピードが速いスポーツモードを使うのだ。それから連写機能を使うと、同時にたくさん撮影できるので、その中からいいものを拾うことができる。

ユリノキの花は百合の花には似ていない。どちらかというとチューリップの花に似ている。英語ではtuliptreeというが、そのほうが当たっている。なかなか愛らしい花だ。新宿御苑にはユリノキの大木があるが、満開のときは見ていない。大船フラワーセンターでも見たことがあるが、とにかく高いところに咲いているので望遠を使わないといい花の写真は撮れない。

→ユリノキの花の写真(2010年のブログ)

今年もまた
ユリノキの花に
出会えた
それだけで
とても嬉しい

| コメント (5)

2014.05.16

芍薬の花ひらく

Dsc_8178_800x531

妻が3、4年前に種を植えた芍薬が咲いた。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美人を形容するほど人気のある花だ。この淡いピンクもいい。少し紫がかっているのが大人っぽい。大きくて存在感がある。

芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。百合は風を受けて揺れるさまが美しい。だから芍薬は立って見る、牡丹は座って見る、百合は歩きながら見るのがいい、という説もある。

| コメント (5)

2014.05.15

夏日

P1010697_800x600
水あそび@生田緑地

子どもたちが
水を浴びて
はしゃいでいる
わたしも
仲間に入りたくなった

| コメント (7)

2014.05.14

ああ、よかった!

火曜日の朝、8時半ごろ地震があった。治療室に着いてすぐ、外でサイレンが鳴った。そのサイレンが増え、パトカーのサイレンも混ざる。近くらしいので行ってみた。見物人に聞いても何が起きたかは分からないという。家具の大正堂の前に消防車が5台ほど並んでいた。しかし、煙の気配もないし、臭いもない。

マンションの3階のベランダに消防士が上って何やらやっている。水はかけたようだが、大したことはなさそうなのでホッとした。

小田急線の反対側にも消防車が3台待機していた。そのうちの一台は超特大のはしご車だったので驚いた。現場の規模がわからないので消防車がいっぱい集まってしまったらしい。地震は関係なかったのだろう。なにはともあれ、大事にいたらなくてよかった。

| コメント (2)

2014.05.13

東野圭吾の『手紙』

先日、たまたま電車の中で分厚い単行本を読んでいる若者をみた。ケータイやスマホをいじっている連中が多いなか、この男は熱心に本を読んでいるのだ。タイトルは忘れたが、著者は東野圭吾とある。名前は目にしたことがあるような気がするが、その著書を読んだことはない。老眼がすすんでからはあまり読書をしなくなったこともある。

新聞のテレビ欄を見ていると、東野圭吾作品の映画で『麒麟の翼、新参者』というのが目にとまり録画して観てみた。『テルマエロマエ』で人気沸騰の阿部寛が出るということもあったのだが、これがなかなかいい映画だった。日本橋の橋に飾られた麒麟の彫り物がキーワードになっているところなど憎い。鑑賞し終わって、東野圭吾は松本清張を越えているかもしれないと思ったほどだ。社会性もたっぷり織り込まれていたから。

そのあとまたBSで東野圭吾作の映画『手紙』をやるというので録画した。ゆうべそれを観たが、こちらも「麒麟の翼」以上に感動的な作品だった。映画館で観たら、大泣きをしてすぐには席を立てなかっただろう。

きょう、ネットで東野圭吾を検索して、彼が江戸川乱歩賞や直木賞をとっていることを知った。苗字は「とうの」でなく「ひがしの」と読むそうだ。分厚い単行本を読むのもいいが、とりあえず映画化されたものをぜんぶ観てみたいものだ。

| コメント (2)

久しぶりの雨

久しぶりの雨
草花や
野菜の苗が
よろこびに
打ち震えている

| コメント (2)

2014.05.12

ベニバナトチノキ

P1010710_800x574
ベニバナトチノキ

P1010691_800x599

ダイエー向ヶ丘遊園店の裏、新田ボクシングジムの前に栃の木があって、いま花が満開だ。ここのは紅色だが、白色もきれいだ。木の花は高いところにあり、もともと地味なものが多いので人目につきにくいが、なかなか愛嬌がある。この花は空に向かって行くところが面白い。

パリのシャンゼリゼ通りは両側にマロニエの並木が続くが、あのマロニエもトチノキの一種である。夏の暑いとき、大きな葉っぱがいい木陰を作ってくれる。トチノキという音は固いが、マロニエとくるとやわらかい。おしゃれに聞こえるから、ことばは不思議だ。

トチノキの
花が咲く
人が気づこうが
気づくまいが
超然と咲く

| コメント (6)

2014.05.11

矢車草

菜の花畑を
縁取るように
矢車草が
青く
輝いている

矢車草は
葉が細い
カーネーションみたい
でも
キク科だってさ

そういえば、矢車菊ともいう。近寄って観察すると、鯉のぼりの一番上に飾る矢車に似ている。ただ、矢の数がとっても多いところが違う。

| コメント (5)

2014.05.10

ジャスミン

P1010681_800x551
ジャスミン(茉莉花)

連休前にジャスミンの垣根に囲まれた家を見つけた。まだ咲き始めだったので、3,4日してから写真を撮りに行こうと思っていてそのままになってしまった。ところが、その家は南側に向いているので、連休明けには花のピークが過ぎてしまい、枯れた花が黄色くなって混ざっていた。強烈な香りにめまいを起こしそうになる。

そのとき、専修大学に向かう道にもジャスミンの家があることを思い出した。そこは北側になるのでいい花があるかもしれない。行ってみると、はたしてジャスミンが満開だった。花の香りも若々しく嫌味がない。あたりまえだが、花には旬があるのだ。

人は「愛があれば年の差なんて」とうそぶくが、適齢期があるというのも真理だ。そういうことを若い人にもっと教える必要がある。かならす結婚しなければいけないと言うつもりはないが、婚期というものがあることは事実だ。あとから子供が欲しいといっても、そうはいかないのだから。

| コメント (2)

2014.05.09

スマホ族

メールに
ゲームに
電子本
さぞや
面白いんだろな

| コメント (4)

2014.05.08

シラン

Dsc_8122_800x531

ことしも
シランの花が
咲いてくれた
いつものように
俯きかげんに

この花を
見るたび
贈り主の
人懐こい顔が
浮かぶ

| コメント (2)

2014.05.07

カモミール

Dsc_8143_800x551
カモミールの花

ゴールデンウィークは
大國魂神社と
庭仕事それに
録りだめした映画を
見たりして

ま、究極の安近短だろうか。

| コメント (2)

2014.05.06

神輿渡御(みこしとぎょ)

4日の夕方、府中の明神様から帰ると、留守番電話が入っていた。それを聞くと、大國魂神社からだった。「オオタさんですか、遺失物をお預かりしています」とのこと。じつは神社に行った帰りにスイカがなくて切符を買って電車に乗ったのだ。落としたものと諦めていたが、誰かが社務所に届けてくれたらしい。電話番号と名前を書いておいたのが幸いしたのだ。そんなわけで、スイカを受け取りに5日も大國魂神社に行った。せっかくなので午後6時から始まる神輿渡御も観ることにした。8騎の神輿が旧甲州街道をねりあるく光景は圧巻である。

空模様がおかしかったが、さいわい雨は降らず、肌寒いなか、2時間ほどお祭りを楽しんだ。まったく大きなお祭りである。

神輿の掛け声に
呼応して
自分も
担ぎ手になった
気分

| コメント (2)

2014.05.05

大國魂神社のお祭り

5月4日のお昼ごろ、大國魂神社のお祭りを見に行った。ここのお祭りは規模が大きくて、5月3、4、5、6日と祭礼の儀式や催事が目白押しだ。いつもは5日に行くが、4日に行くのはめずらしい。

P1010163_800x599
こども太鼓

P1010182_800x600
飴細工には見惚れてしまう

植木市ではサツマイモの苗とカーネーションを2鉢買った。いろいろ欲しくなるが、電車で行ったので重いものは買えない。餅、お好み焼き、パイナップル、シュークリーム、柏餅などを食べたので、胃袋がおどろいている。

| コメント (3)

2014.05.04

セレサモス

JAセレサ川崎というと格好いいが、旧名は川崎市農業協同組合連合だろうか。いわゆる、農協である。その農協が麻生区の北端、ほとんど東京都町田市のとなりにあたる黒川に、地元の農家が生産した野菜や苗などを販売する大きな店をもっている。うちと同じで水曜日が休みなので、なかなか行けないが、3日に行ってみた。

祝日とあって、すごい人だった。それでも回転が速いので駐車場はどんどん空く。トマト、ピーマン、唐辛子、イタリアンパセリなどの苗を買った。それぞれの品物には生産者の名前がついていて、なんとなく安心だ。

野菜のほとんどが朝採りなのでうまい。イチゴやトマトが甘い。地元のおばちゃんが作った柏餅も手作り感いっぱいで美味しかった。ヒメウツギの苗を買った。いい香りがする。唱歌「夏は来ぬ」に出てくる卯の花だ。

セレサモスの名称は、古代ギリシャ語で収穫を意味する「セリスモス」に、施設運営にあたるJAセレサ川崎を掛け合わせてつくった造語。自然の恵みである収穫に感謝する願いも込められているとか。 名称は一般公募によりものらしい。

JAセレサ川崎のセレサのほうは、古代ローマの農業の女神セレスにAをつけたという。AはエースのA、農業を表すアグリカルチャのA。日本の農業なのにギリシャ・ローマの言葉を借りてきたところがちょっと気になる。「大地のめぐみ」ではダサいか。

| コメント (2)

2014.05.03

よい睡眠のための体操

よく眠れるようになる体操というのを、テレビでやっていた。妻がこの体操をしてからよく眠れるようになったという。私もそんな感じがする。一つは片手を頭の上にまっすぐ伸ばす体操で、もう一つは胸を広げる体操だ。首や肩、上半身をやわらかくしておくと、適度に寝返りが打ちやすくなるのでよく眠れるらしい。

1.片手を伸ばし体操
片手を伸ばし、反対側の手で肘のあたりを床に押し付けるようにする。手のひらを床面につけたほうが効く(写真では手の甲がついている)。そのとき息を吐き出す。5秒数え、それを3回くりかえす。腕を寄せるとよく効く。

2.肘ひろげ体操
首の後ろで両手を組み、最初は両肘を寄せ、息を吐きながら肘をいっぱいに開く。背中を床に押し付けるようにする。これも5秒ずつ3回。

あとは寝返りが打ちやすいような高さの枕があればいい。お風呂に入るのもいいが、全身を湯船につかるほうがいいという。浮力を受けるのがいいらしい。とうぜん、ぬるめのほうが安全だろう。

だいたい現代人は運動不足だからいけない。精神的な疲労は気持ちが高ぶって眠れなくなるが、肉体的な疲労なら有無を言わせず眠りに落ちる。あと、「眠ろう、眠ろう」とすることも眠れなくなる原因らしい。

| コメント (2)

2014.05.02

棕櫚の花

P1000846_800x600
棕櫚(しゅろ)の花

どこを見ても
きれいな花が
咲いているが
たまには
例外にもぶつかる

| コメント (3)

2014.05.01

『五行歌』誌・5月号投稿歌

おおっ
本当に刺している!
初めて
針治療を見たときは
度肝を抜かれた

痛むとき
針の刺激を
上乗せすると
痛みが
打ち消されるのだ

やっと
歩いてきた患者さんが
すたこらサッサと帰って行く
針の効果に
こっちが驚いてしまう

生体は
ショックを与えると
生命活動が高まる
細い針でも
じゅうぶんなのだ

霜焼けが
できた手に
小粒のお灸を
すえてごらん
極楽だよ

針を刺すと
からだが
シャキッとする
あたたまる
そしてゆるむ

                               ※一部修正

| コメント (8)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »