« 昭和の日 | トップページ | 『五行歌』誌・5月号投稿歌 »

2014.04.30

夕刊フジに「五行歌欄」

五行歌の会本部から手紙が来た。それによると、サラリーマンによく読まれている「夕刊フジ」に五行歌欄ができるらしい。それも毎日2首載るというから、すごい。早ければ5月うちに載るそうだ。

読売新聞神奈川版など、三大新聞のいくつかの地方版には五行歌欄が設けられている。だが、それらは週一だ。夕刊フジに毎日載るとなるとそうとう大勢の人の目に留まることになる。そうすれば五行歌に関心を示す人もふえるにちがいない。

五行歌は「五行で歌らしく書く」という以外は制約がないから、とっつきやすい。サラリーマン川柳というのがあるが、あれも人気があるではないか。「五行歌の会」主宰の草壁焔太先生の努力が大きく花を咲かせることになりそうだ。私は「しんゆり五行歌会」の代表になっているから、さっそく夕刊フジを購読することにしよう。

満員電車のなかに
ポッと
オアシスが生まれる
そんな五行歌を
書いてみたい

« 昭和の日 | トップページ | 『五行歌』誌・5月号投稿歌 »

コメント

rippleさん。
朗報ですね。
おめでとうございます。

多くの方が「歌を詠む」のは素晴らしいですね。
心に抱いた詩心を刺激する。
五行歌のますますの発展を祈ります。

投稿: 荒野人 | 2014.05.02 22:11

★荒野人さん、
短歌や俳句には及びもつきませんが、
五行歌も少しずつファンが増えていきそう。
生きることは表現すること、そんなふうに
思うことがあります。

投稿: ripple | 2014.05.05 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和の日 | トップページ | 『五行歌』誌・5月号投稿歌 »