« 新川の桜 | トップページ | ムスカリ »

2014.04.06

やわらかに柳青める

土曜日の昼休みに自転車で多摩川に出てみた。枯れていた河原にうっすらと緑が差し、まるで石川啄木の歌のような景色である。

  やわらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに

せせらぎ館まで行くと音楽が聞こえてきた。人だかりがしている。「ニケ領用水せせらぎ館コンサート」という幟が揺れている。歌のお姉さんが子供たちと一緒に「となりのトトロ」を歌っていた。手前の桜並木の下ではいくつものグループがブルーシートを敷いて、お花見をしていた。ここはまだけっこう花が残っている。

足湯コーナーもあって、丹波村と小菅村から運んできた温泉に足をつけている人たちもいた。岩手の物産店もあり、ほうれん草のシフォンケーキを一切れ買った。チアガールの子たちも出演に備えていたが、ちょっと寒そうだ。

日曜日には、あちこちで「桜まつり」が予定されている。雨と風でだいぶ花が散ったが、こんどはぐんと冷えてきたので、あんがい持ちそうだ。去年の桜まつりはどこでも葉桜だったのではないだろうか。桜の頃の天気はいつも気まぐれである。

時ならぬ
寒さに
散り切れぬ
サクラ
とまどう


« 新川の桜 | トップページ | ムスカリ »

コメント

春の装い
したけれど
余りの寒さに
冬コート
急ぎ着る

投稿: tama | 2014.04.07 10:54

★tamaさん、

けさは
薄霜が降りて
桜もフリーズ
もう一度
花見をしよう

投稿: ripple | 2014.04.07 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新川の桜 | トップページ | ムスカリ »