« 花キューピッド | トップページ | 値上げ前に »

2014.03.27

まど・みちお

P1270406_800x505_2

録画しておいた「まど・みちお」さんのドキュメンタリーを見た。まどさんは去る2月28日、104歳で亡くなられた詩人である。あの「ぞうさん」を作詞した人と言えば、知らない人はないだろう。

そのまどみちおさんが、世の中にクエスチョンマークと感嘆符とがあったら他には何もいらないのではないでしょうか」と言っていた。疑問符は好奇心、感嘆符は感動、と置き換えてもいいだろう。何だろうと思って見つめ、ああそういうことだったのかと発見する。まどさん自身そのように生きてきたに違いない。

ぞうさん

ぞうさん
ぞうさん
おはなが ながいのね 
そうよ
かあさんも ながいのよ

ぞうさん
ぞうさん
だあれが すきなの
あのね
かあさんが すきなのよ

團伊久磨作曲で、象の長い鼻が揺れるような感じもよくでている。まどさんによると、この歌は、小象が鼻の長いのをからかわれて、母さんだって長いのよと言い返したところらしい。金子みすゞの「みんなちがって、みんないい」に通じるところがあり、なにやら哲学的でさえある。「れんしゅう」という詩も、意味が深い。

 れんしゅう 

きょうも死を見送っている
生まれては立ち去っていく今日の死を
自転公転をつづけるこの地球上の
すべての生き物が 生まれたばかりの
今日の死を毎日見送りつづけている

なぜなのだろう
「今日」の「死」という
とりかえしのつかない大事がまるで
なんでもない「当たり前事」のように毎日
毎日くりかえされるのは つまりそれは

ボクらがボクらじしんの死をむかえる日に
あわてふためかないようにと あの
やさしい天がそのれんしゅうをつづけて
くださっているのだと気づかぬバカは
まあ この世にはいないだろうということか


« 花キューピッド | トップページ | 値上げ前に »

コメント


「まど・みちお」さん、逝かれましたね。

>母さんだって長いのよと言い返したところらしい。金子 みすゞの「みんなちがって、みんないい」に通じるとこ ろがあり

ほんとですねぇ。
ぐっと来ます。
このようなゆったり心が子どもを育むのですけれど
今の若い母親にどれだけ通じるでしょう。

投稿: 秋桜 | 2014.03.27 17:36

♪ ぞうさん ぞうさん お鼻が長いのね・・・・・♪

♪ 一年生になったら ともだち100人 できるかな・・・・・♪

投稿: 魚衆 | 2014.03.28 09:21

★秋桜さん、
この歌は、團伊久磨のゆっくりしたブランコのような
リズムが効いていますね。それにしてもいい詩です。

★魚衆さん、
子供のころ歌ったうたは忘れませんね。
そういう歌が書けるっていいですね。
うらやましい。

投稿: ripple | 2014.03.28 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花キューピッド | トップページ | 値上げ前に »