« しんゆり歌会(三月) | トップページ | 深夜の町 »

2014.03.20

五行歌を書くヒント

五行歌を書くコツのようなものを挙げてみよう。

とにかく書く
・なんでもいいから五行に書いてみる。
・歌らしくなるようになおしてみる。
・五七調のくせを捨てる。

・一行の文字数も改行も自由。

よく観察する
・五感をはたらかす。
・過去未来より今を書く。
・季節、流行りなどをとらえる。
・連想をはたらかす。

わかりやすい歌を書く
・短くまとめ、焦点をしぼる。
・多くのものを盛り込まない。

・体験したことなど、一点を具体的に書く。

表現を工夫する
・漢語をすくなく、大和ことばで書く。
・常套句、陳腐な表現をさける。
・擬音語、擬態語も入れてみる。

すぐれた歌に触れる
・五行歌の雑誌や、五行歌の歌集を読む。
・気に入った歌を、書き写してみる。
・五行歌の歌会に出てみる。

きょうは
どんないいことが
あっただろう
三つ思い出して
布団にもぐる

泣き顔をつくると
泣きたくなる
笑い顔をつくると
笑いたくなる
幸せな顔をつくろう

世の中のために
よいことをする人は
立派であるが
わるいことをしない人も
そうとう立派である

知れば
知るほど
知らない
ことに
気づく

こころの芥が            芥:あくた
少しずつ
洗われてゆくようだ
それを励みに
また五行歌をよむ

« しんゆり歌会(三月) | トップページ | 深夜の町 »

コメント

最初は、文を書いて五行にするだけなのかと
軽く考えたこともありましたが、いまは


五行歌を
馬鹿にすることなく
詠ってみよう
その心地よさに
気づくから

こんな心境になっています。なぜか気持ちが
正直に出るんですよね♪
二行目の言葉が悪かったかな(__)

投稿: ミモザ | 2014.03.21 06:53

「とにかく書く」と言う事で書いてみました

暖かい、家の中は暖かい
予報では寒いと聞いたが
今日は暖かい
薄着で外出したら
寒かった、騙された

↑こりゃ、五行歌とは言わないな
トホホ

投稿: ブル | 2014.03.21 10:39

★ミモザさん、

なんでも
できるできない
でなく
やるやらない
ですね

表現することで
こころの
もやもやが
晴れる
これ ほんとう

いい歌だと思います。
馬鹿にすることなく、がいい。

★ブルさん、
りっぱな五行歌です。
感じたこと、体験したことを歌うのが
いちばんですね。すこし整理すれば
きりりとした歌になりそうです。

まずは
体験したこと
感じたことを
五行に
書いてみる

ブルさんは毎日いろんな人と出会うので
ネタはたくさんありそうですね。(^-^)

投稿: ripple | 2014.03.22 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しんゆり歌会(三月) | トップページ | 深夜の町 »