« 第六天神・感謝祭 | トップページ | 暦は春 »

2014.02.27

梨をいただく

P1270063_800x534_2

患者さんから梨をいただいた。赤子の頭より大きな新高(にいたか)だ。新聞紙にまるめて納屋に置いておくだけらしいが、8月に収穫した実が半年たっても固く、しっかりしているというのは驚きである。味は鮮度が落ちるだろうが、この時期に梨を見ることは珍しいので、文字通り珍品である。今夜、いただいてみよう。

新高という梨は
正月までもつ
と聞いてはいるが
食べるのは初めて
ちょっとドキドキ


« 第六天神・感謝祭 | トップページ | 暦は春 »

コメント

冬に梨とは
どっきり
旬の味が
遠くなり
ちょぴり淋しい

投稿: tama | 2014.02.28 20:10

★tamaさん、

冬の梨は
珍しいから
おどろく
食べるなら
やはり旬

投稿: ripple | 2014.03.01 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第六天神・感謝祭 | トップページ | 暦は春 »