« 水仙が伸びる | トップページ | ピアノ「春の歌」 »

2014.02.05

「五行歌」2月号

寒い。9時に近くの医者に行き、川崎市の特定健診を受けた。血液検査と肺がん、大腸がんの検査だ。大腸がんは検便だけで、きのうと今日、便を採った。首都圏は医者が多いのでらくだが、過疎地ではたいへんだろう。結果は来週聞きに行く予定。

午後は車を12か月点検で預けた。1時間ぐらいだというので、コーヒーを飲みながら月刊誌「五行歌2月号」を読んだ。ゆっくり時間をかけて読むと、どの歌も味わいが深い。表紙の歌はこうだ。

星を観るとき           亮
不思議なのは
僕が
ここに
居ることだ

同感だ。宇宙も不思議だが、自分が生きていることも不思議である。他にも印象に残った歌がたくさんあった。すこし挙げよう。

シャイで             宮下孝子
カッコつけときてるから
もうホントに
めんどくさい
男って

日日の思いが          塚田三郎
確かであれば
人は
だんだん
いい顔になる

体を蒟蒻こんにゃくにして     福田雅子
木曽馬の
背に揺られる
任せきるという
至極の安楽

自分というものは        草壁焔太
変わりようがない
いい
悪いなど
どうでもよくなってくる

クロネコのお兄さんも      ripple
佐川のお兄さんも
年をとってきた
みんな同じ時代を生きている
仲間

« 水仙が伸びる | トップページ | ピアノ「春の歌」 »

コメント

どれもいい歌ばかりですね。

こんなことを詠んでみたいと2行までは書けるのですが
3・4・5行になるとちぐはぐになって的を得ない
感じになってしまいます。

人様の歌はいいなぁって思うのですが。

投稿: tama | 2014.02.07 09:13

★tamaさん、
私はあまり推敲しないで書いていますが、
草壁先生によると5,6回は書き直した
ほうがいいそうですよ。本音書くのはいいが
それだとあらっぽすぎたりする。そこで
それを少し抑えてみる。抑えすぎたところを
こんどは表現を変えてみる…

投稿: ripple | 2014.02.07 16:05

ripple様アドバイス有難うございます。
なるほどです。
直して見ると言う事は確かに良い事ですね。

投稿: tama | 2014.02.08 19:17

★tamaさん、
思ったまま、感じたままを書くと、たしかに
本心がでるけれど、それでは裸ですね。
すこし服を着せてやると安心です。
着飾りすぎてはいけません。(^-^)

投稿: ripple | 2014.02.10 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水仙が伸びる | トップページ | ピアノ「春の歌」 »