« アオゲラとルリビタキ | トップページ | カラスは知恵者 »

2014.01.24

五行歌集『恋物語』

私は「しんゆり五行歌会」の代表になっているが、代表には「五行歌の会」から歌集の新刊本がいくつも送られてくる。たくさん来るので、なかには読み忘れもある。最近、下濱和子さんの五行歌集『恋物語』を読んだ。これが秀逸で、興奮しながら一気に読んだ。歌がうまい。ほとんどが短く、簡潔で、あふれる感性に圧倒された。こんな歌が書けたらいいと羨ましくも思ったが、下濱さんは下濱さん、私は私だから、どうにもならない。いくつか紹介しよう。

「好きです」の
アクセルを
踏めないまま
大人になってしまった
恋物語

「さようなら」に
「さようなら」と
言ってしまった私の
どうしようもない
負けず嫌い

秋の空が
カランと
乾いて
どうでもよくなった
昨日のこと

砂時計の中で
さらさらと
今がこぼれて
過去が
積もっていく

ふっと
力を抜いて
しゃがむ
噴水の
ひと休み

« アオゲラとルリビタキ | トップページ | カラスは知恵者 »

コメント

凄くうまいですね。
4番5番の歌とても良いと思います。
こんな歌を作ってみたいです。

投稿: tama | 2014.01.24 20:41

★tamaさん、
短い歌はインパクトがありますね。
分かりやすく、そうだよなと共感を誘う。
それにくらべて長い歌は散漫になりがち。
わたしもこんな歌が書きたいと思います。

投稿: ripple | 2014.01.25 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオゲラとルリビタキ | トップページ | カラスは知恵者 »