« 冬の二ケ領用水 | トップページ | 意外にも »

2014.01.28

けさの編集手帳

Yomi_2けさの読売新聞の「編集手帳」は、冷凍食品に農薬が混入された事件に触れていた。人生を土俵に例え、ふつうの人は正面からぶつかっても無理なことが多く、「いなし」も必要だと説く。そこで「五行歌の会」主宰の草壁焔太先生の歌が紹介されていた。人生の酸味あふれる歌がある。十人に聞けば十人がうなずくだろう。「いなし」の心があれば、それでも人は明日を生きられる、と。

馬鹿にするな
馬鹿にするな
馬鹿にするな
といい続けて
終わる一生か

そんな人生はつまらない。考えかたを変えよう、というわけだ。

« 冬の二ケ領用水 | トップページ | 意外にも »

コメント

馬鹿にするな
馬鹿にするな
馬鹿にするな
そう言えるほど
利口でも無く

投稿: 荒野人 | 2014.01.28 15:00

★荒野人さん、
私にもそれほどのプライドはありません。(^-^)

投稿: ripple | 2014.01.28 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の二ケ領用水 | トップページ | 意外にも »