« 紅梅一輪咲く | トップページ | 人は金太郎飴 »

2014.01.11

関東合同新年五行歌会

遺影用にどうかしら         吉川敬子(一席)
軽く言ってみたのに
次々に選んでくれる
その熱心さ
気に入らぬ

1260572
五行歌の新年歌会@飯田橋

1260582
自己紹介風景

1260604
表彰式、一席の吉川さん

11日午後1時から、飯田橋のレインボーホールで五行歌の新年歌会が開かれた。関東合同ということで参加者は139名。関西や信州、秋田などから参加した人もいる。なにしろ自己紹介だけで50分かかるから規模が大きい。主催の挨拶などのあとは10人ずつのテーブルにわかれて小歌会を行い、最期にぜんぶの歌の採点結果を公表し、表彰式を行った。

喧嘩もできずに           世古口健(二席)
逝った弟の
小さな柩を
爪先だって覗き込む兄
五歳の別れ

歯を食いしばって          岡田幸子(三席)
突っぱり続けた
ツッカイ棒
不意の優しさに
カランと外れる

もらうのじゃ駄目みたい      水源純(四席)
男の子は
じぶんで見つけて
「どんぐり!」って
叫びたいんだ

ぼけているのか           工藤真知子(五席)
とぼけているのか!
計れない父
際を生きる
やじろべえ

感度のよい              村岡遊(六席)
受話器が拾った
娘の
微かなゆらぎを
全身で受け止める

冬の服を出す             菊池芳雄(七席)
樟脳の
やわらかな匂い
亡妻の装いの
香りが残っている

« 紅梅一輪咲く | トップページ | 人は金太郎飴 »

コメント

こんなに人を感動させる五行歌が詠めるなんて
やっぱり五行歌はいいですね。
吉川さんの歌なんかクスリとさせてくれます(^o^)
rippleさんはどんな歌を詠まれたのかな。
壇上で賞状を授与なさっているのは焔太先生ですか?

投稿: ミモザ | 2014.01.13 09:14

★ミモザさん、
吉川さんはベテランで、なんどか本誌の
表紙を飾っています。私のは後ほどアップ
しますね。そう、主宰の焔太先生です。
一席は200点をとり、わたしは128点だった
ので二十席以内には入ったみたいです。
しかし歌に正解はありませんからねえ。

投稿: ripple | 2014.01.13 12:10

流石、みなさん素晴らしいですね

一席の吉川さん
思わず口元がほころび
女性の気持ちが伝わってきます
夫婦円満ですね

三席の岡田さん
強い女性ほどつっかい棒がはずれるのは
簡単な事なんですね
その簡単なことが難しい・・・

やっぱり女性の歌がすんなりと
心に入って来るように感じます。

投稿: namiko | 2014.01.13 20:53

★namikoさん、
このときは娘さんだったそうです。
おかあさん、遺影なんてまだ早い。
そう言ってほしかったのに、次々
と写真を選ぶので面白くなかった
とか。世代のギャップでしょうか。

人はみなけっこう突っ張っている
ところがありますね。それだけに
優しくされると弱い。わかります。

投稿: ripple | 2014.01.14 17:27

お疲れ様でした。
お勉強会のあとは、えんた先生も交えて、
神楽坂の蕎麦屋で二次会。
そのあと、有志で三次会・・・。

上席の8割が家族の歌でしたね。
やはり共感が得られる歌がいいのでしょうね。
そして、やはり長い歌が多くなっているように感じました。
eippleさんのお歌には2点入れてましたよ~。

投稿: キコ | 2014.01.18 00:11

★キコさん、
えんた先生もスタミナがありますね。
信念を貫こうとする姿勢はみごとです。
わたしには研究会がすでに二次会の
ようで、キコさんが行ったのは4次会に
相当します。ごりっぱ!

わたしの歌は金太郎飴のたとえが通俗
すぎていまいちでした。わたしも長い
歌が多いなと感じました。スパッと
短い潔い歌が好きです、

投稿: ripple | 2014.01.18 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅梅一輪咲く | トップページ | 人は金太郎飴 »