« 落語でブッダ | トップページ | 冬の池 »

2014.01.18

歯の再植

歯周病の治療をしている。きのうは左上4番の再植を行った。歯周病は歯垢がたまって歯茎を腐らせる病気である。長年歯垢がたまって歯石になると、もうブラッシングだけでは取れない。歯医者さんでも器具が届かなかったり、歯肉を切って奥の方を取ってもすべてを取り去ることはできない。そこで、一度その歯を抜いて根元のプラークを完全に削りとり、それをもとに植え戻すというのである。骨膜細胞が生きているかぎり再生するそうだ。これを再植という。

麻酔の注射はけっこう痛く、足がつっぱる。それから先生は大きなペンチというかプライヤーのようなもので歯を抜く。ミシミシ、メリメリと小さな音が聞こえた。歯が抜かれたあとを舌で触れると、ぽっかりと穴が開いていた。

「太田さん、黒いの見ますか」と先生がいうので、そっちを向くと、小さな歯の根元に大きな黒っぽいかたまりが二つほど見えた。それが歯石らしい、先生は微細なグラインダーで歯石を削ってゆく。「これが下のほうまで伸びていくと、歯がポロッと抜け落ちてしまうんですよ」と先生。すっかりきれいになった歯を元の位置にもどし、両隣の歯に固定して治療が終わる。

感染がなければ、3、4週間で再植した歯はもとどおりになるそうだ。抗生剤と鎮痛剤をもらって帰る。まだ少し揺れる歯があるが、それは様子を見て対応することになった。ここの先生は、できるだけ歯を抜かないようにしている。虫歯の場合も、あまり歯を削らない。殺菌剤を塗ってフタをし、象牙質の再生を待つ。あまり儲からない治療法だが、患者にとってはありがたい。

揺れる歯を
抜いて
きれいにして
植えもどす
すごいな

« 落語でブッダ | トップページ | 冬の池 »

コメント

歯の再植・・・
興味深く読みました。
インプラントではないのですね。
一度抜いてもとに戻す、再生する・・・
すごい治療法があるものですね。

わたしも歯を幾つも失っています。
心します。

投稿: 秋桜 | 2014.01.18 11:23

★秋桜さん、
なんでも100年ぐらい前から行われているそうですが、
消毒などの技術が進み、最近は成功率が高いそうです。
事故で顔面を打って歯が抜けても、再植で治すとか。
インプラントは人工歯槽に人工歯ですが、再植は自分
の歯槽にきれいにした自分の歯を植えるところが違い
ますね。

http://shinyurigaoka-ueharashika.com/shishugeka/156.html

投稿: ripple | 2014.01.18 14:35

歯がぐらつく
何本も何本も
特に前歯はつらい
噛みきれない食べ物
元気を出して医者に行こう

投稿: 荒野人 | 2014.01.18 17:42

凄いですね
医学は進歩していますね
歯の再植は知らなかった

しかし、痛そうですね
麻酔の注射が痛いのでは・・・
その痛みを取り除く、麻酔注射も痛いのかな???

投稿: | 2014.01.18 18:02

★荒野人さん、
歯は一本数百万円の価値がありますね。
一千万といってもいいかもしれません。
よく磨き、手入れを怠らぬようにしたい
のですが…

★名無しさん、
最初の注射、とくに内側からの注射が痛い
ですね。でもすぐ麻酔が効いてきて、その
あとはだいじょうぶ。おかげで歯を抜く時
はまったく感じませんでした。今回はさい
わい後からの痛みもなく鎮痛剤は飲まずに
すみました。(^-^)

投稿: ripple | 2014.01.19 08:56

歯の再植まで出来る様になったのですか。
ありがたい世の中ですね。
噛めないと言う事は胃の負担にもなりますから20年前に
そんな事が出来たのであれば歯を保持できたのにと思うと残念です。

投稿: tama | 2014.01.19 11:45

★tamaさん、
先日テレビで、86歳の男性が一本だけ抜けて
あとはぜんぶ自分の歯だという人がいました。
それもしっかりしていて若い人と同じ、なん
でも、自分で歯の掃除道具まで開発したそう
です。詩吟をやるのでとくに歯が大切とか。

投稿: ripple | 2014.01.20 09:11

サイトを拝見しました。
ありがとう。

歯牙再植・・やっぱりすごいですね。
わたしも知っていたら・・・
何でも情報は大切だということを痛感します。

投稿: 秋桜 | 2014.01.20 16:10

★秋桜さん、
年齢的に完全に元にもどるには3か月ぐらい
かかるそうです。でも歯を抜かれなくていい
のがなによりです。考えてみれば臓器移植の
時代ですからね。ほんと、情報は宝です。

投稿: ripple | 2014.01.21 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語でブッダ | トップページ | 冬の池 »