« 歯の麻酔 | トップページ | 五行歌誌12月号・投稿歌 »

2013.12.05

麗しのサブリナ

10

BS3で、いまオードリー・ヘプバーン主演の映画を特集している。『麗しのサブリナ』はまだ見ていなかったので、録画して見た。大金持ちのお抱え運転手の娘がサブリナで、そこの長男サリナスがなんとハンフリーボガード、次男デイビッドがウイリアム・ホールデンという豪華キャストだ。

この映画のリメイク版で『サブリナ』というのがあり、そっちのほうは見たことがある。カラーで、なかなかいい出来だった。その映画では、サブリナははじめ眼鏡をかけていた。だからパリ帰りの洗練されたサブリナをデイビッドが別人と思ったのは無理もない。オリジナル版では髪型とメイク、それに衣装の違いぐらいだから、デイビッドがサブリナと気づかなかったのがおかしい。ま、喜劇映画と思えば、それはそれでいいか。

しかし、オードリー・ヘプバーンのウエストは細いね。おしゃれをすると得も言われぬ品が出るのはなぜだろう。マイフェアレディー、ローマの休日、シャレード、昼下がりの情事、ティファニーで朝食を、など、どの映画も最後はエレガントに決めている。サブリナという7分丈のパンツもこの映画で使われて評判になり、流行した。イギリス人ということもあって、言葉にクイーンズ・イングリッシュの響きが入っているのが心地よい。

ヘプバーンは後半生をユニセフの活動に捧げている。心の優しさ、濁りのなさが、彼女に澄んだ瞳と気品あふれる容姿を与えたのかもしれない。


« 歯の麻酔 | トップページ | 五行歌誌12月号・投稿歌 »

コメント

 「シャレード」「ローマの休日」「麗しのサブリナ」と、ここ短い日に立て続けに見て来たので、“妖精”もチョッと食傷気味になっていますcoldsweats01

投稿: 魚衆 | 2013.12.05 18:54

★魚衆さん、
おお、やはりご覧になったのですか。
長く見ていると、濃い眉毛やエラの張った
ところなどが気になってきますね。(^-^)

投稿: ripple | 2013.12.06 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯の麻酔 | トップページ | 五行歌誌12月号・投稿歌 »