« SDスロットの故障 | トップページ | 麗しのサブリナ »

2013.12.04

歯の麻酔

奥歯のかぶせ物が舌にひっかかるので、歯医者に行った。20年以上も前に治療したところだが、年と共に歯が痩せてきてかぶせ物が浮いた状態になっているらしい。舌が当たる部分を削るだけですむかと思ったが、かぶせ物を取り替えることになった。

何度やっても、麻酔の注射は痛い。肩に力が入り、手足がつっぱる。それから例のキーンという研磨作業だ。先生の手が唇を挟み付けて痛かったりもするが、麻酔のおかげでこういう治療をしてもらえることを思うと、いい時代に暮らしているな、ありがたいことだ、と自分に言い聞かせる。

麻酔の注射で
全身が緊張する
そのお蔭で
いい治療が
受けられるのだが

« SDスロットの故障 | トップページ | 麗しのサブリナ »

コメント

病院で一番嫌なのは歯医者です。
ですから治療が遅れがちになってしまいます。
済んで見ると行って良かったとは思うのですが・・・・
肩の力を抜いてと言われますが歯を磨られるのが嫌でどうしても固くなってしまいます。
本当に麻酔がなかったら行けないかも知れません。

投稿: tama | 2013.12.05 22:30

★tamaさん、
年寄りがツマヨウジを使ったり、
リンゴを丸かじりできなかったり、
そんなのを他人事のように見て
いましたが、いま自分がそれを
やっています。いつの日か総入れ歯
なんていう時がくるのでしょうか。

投稿: ripple | 2013.12.06 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDスロットの故障 | トップページ | 麗しのサブリナ »