« バキバキ | トップページ | 誰の心にも名作がある »

2013.12.30

おそなえ

朝から、門松を立てたり、玄関飾りをつけたり、神仏におそなえ餅をお供えしたり、第六天神様に注連縄(しめなわ)をつけたり、いろいろこまめに動いた。お飾りは30日しかないからだ。29日は9の日だから「苦」に通じ、31日は一夜飾りでやっつけ仕事になるからという。28日以前にすればいいが、掃除が済んでいなかったりする。

お昼ごろ、お寺にお墓掃除に行った。北向きのこともあるが、花瓶の水がまだかちんかちんに凍っていた。ビニール手袋をして墓石を水拭きしたが、手がかじかんでくる。

午後は庭の落ち葉掃き。京子はおせち料理を作っている。なんでも今年はポリ袋をつかって作るらしい。NHKの「きょうの料理」でやっていたそうだ。黒豆のアクを取らなくていいとか、入り鶏も一度にできるとか、砂糖を控えめにできるとか、蒸すだけとか、いいことずくめらしい。

たくさんからだを動かした後の疲労感が心地よい。風呂は極楽である。健康とはまことにありがたいことである。

« バキバキ | トップページ | 誰の心にも名作がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バキバキ | トップページ | 誰の心にも名作がある »