« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.31

誰の心にも名作がある

Dareno五行歌に
縁をいただいて
ほんとうに
よかった
救われた

誰の心にも
名作がある
それを
引き出すのが
五行歌だ

| コメント (4)

2013.12.30

おそなえ

朝から、門松を立てたり、玄関飾りをつけたり、神仏におそなえ餅をお供えしたり、第六天神様に注連縄(しめなわ)をつけたり、いろいろこまめに動いた。お飾りは30日しかないからだ。29日は9の日だから「苦」に通じ、31日は一夜飾りでやっつけ仕事になるからという。28日以前にすればいいが、掃除が済んでいなかったりする。

お昼ごろ、お寺にお墓掃除に行った。北向きのこともあるが、花瓶の水がまだかちんかちんに凍っていた。ビニール手袋をして墓石を水拭きしたが、手がかじかんでくる。

午後は庭の落ち葉掃き。京子はおせち料理を作っている。なんでも今年はポリ袋をつかって作るらしい。NHKの「きょうの料理」でやっていたそうだ。黒豆のアクを取らなくていいとか、入り鶏も一度にできるとか、砂糖を控えめにできるとか、蒸すだけとか、いいことずくめらしい。

たくさんからだを動かした後の疲労感が心地よい。風呂は極楽である。健康とはまことにありがたいことである。

| コメント (0)

2013.12.29

バキバキ

P1260454

暮れにきて
連日寒い
霜柱の音が
ガリガリいう
バキバキいう

| コメント (1)

2013.12.28

おかざり

この時期になると、あちこちで正月飾りの臨時売り場が出るが、今年はその数がだいぶ少なくなってしまった。玄関飾りや注連縄(しめなわ)、門松用の松などを並べた店を見ると、いよいよ正月だなという気分になるのだが、年毎にそういう雰囲気がなくなってきている。

正月飾りの店はその時だけの商売だから、値段もいい。それならスーパーやコンビニで買ったほうが安い、ということもあるかもしれない。長い不況のせいもあるだろう。また、神ごとなどやらなきゃやらないでいい、と考える人も多いのだろう。

昔ならタクシーも自家用車もみんな車の前にお飾りをつけたものだが、いまはまず目にすることがない。うちは今でもしっかりつけているが、そんな車は100台に1台あるかないかだ。ま、そういう時代なのである。

門松を立て
玄関飾りを吊るし
歳神様を迎える
思いは
形にしたい

| コメント (2)

2013.12.27

年賀状の印刷

筆ぐるめでデザインした年賀状を印刷をした。印刷途中でインクを交換したら、交換した部分から後の年賀状をかなりダブって印刷してしまった。パソコンから最初にプリンタに送った信号が残っていて、あとからの信号とがかぶってしまったらしい。30枚ぐらい年賀状を無駄にしてしまった。去年はプリントした文字が二重になってしまい、やはり大量の失敗はがきができてしまった。

パソコンは便利だが、ときどきこういう間違いをするのでやっかいだ。いや、パソコンは間違えないが人間のほうに問題があるというべきだろうか。もっとも印刷に失敗した年賀はがきは、郵便局に持っていけば一枚5円の手数料で換金できるし、通常はがきと交換してくれるから、まるっきり無駄ではない。

暮れになるといつもそうだが、昔の患者さんがやってくる。大掃除や片づけ仕事で腰や肩を傷めて来るのだ。なかには10年ぶり、15年ぶりという人もいる。また正月明けには、年賀状を見て、陽気堂はり治療室を思い出して治療に来る方も多い。そんなわけで、年賀状は鍼灸治療を思い出してもらういい媒体でもある。

患者さんとの
出会いも
ひとつの縁だと思って
質のよい治療を
心がけている

| コメント (0)

2013.12.26

そのうちに

あとで
いつか
そのうちに
そして
人生は終わる

自分に向けた戒めの言葉。

| コメント (2)

2013.12.25

障子張り

休みなので、障子張りをした。風呂場に障子戸を運んでシャワーを掛け、水が浸みたところで障子紙をはがし、水気を拭き取ってから乾かしておく。それから一枚張りの障子紙を張ってゆくのだが、前かがみの姿勢を続けるのでけっこうつらい。老眼には糊を塗ったか塗っていないかが見にくい。縁をカッターナイフで切り取る作業も気を使うので疲れる。四枚やったところでストップ。あと二枚と欄間の短い障子が残っているが、後にすることにした。新しく張り替えたところは真っ白で明るくなり、気分がいい。

夕方、床屋さんに行った。昔なら満員で長いこと待たされたが、安い店が増えたのであまり混んでいない。おしゃべりをしながら、のんびりやってもらった。寒いのでマフラーをぐるぐる巻きにして家に帰った。少しずつ年越しの準備がすすむ。

障子も
畳もない
国籍不明の
家が
ふえた

| コメント (4)

2013.12.24

アメリカン・クリスマス・キャロル

01_2録画しておいた「アメリカン・クリスマスキャロル」を見た。ケチな高利貸しの老人が弱いものを苦しめていた。精霊の案内で自分の少年時代に帰る。そのままで行ったら地獄行きになると悟り、心を入れ替え、無理に取り上げたものを返し、子供たちにプレゼントをくばる。なかなか胸を揺する映画だった。

サンタクロースは貧しい人たちや子供たちにプレゼントをくばるが、その原点を思わせる映画だった。クリスマスにこういう映画を見て、恵まれない人や、苦しんでいる人たちのことを思い、しあわせを祈るのはよいことだと思う。

| コメント (0)

2013.12.23

けんもほろろ

朝ドラ「ごちそうさん」を見ている。大正モダンを時代背景とした楽しいドラマだ。視聴率もいいらしい。始めは不安だったが、主役の杏ちゃんもだいぶ板についてきた。

そのなかで「けんもほろろだったわね」という台詞が出てきた。気になったので「けんもほろろ」を辞書をひいてみた。すると「人の相談などを無愛想に拒絶するさま」とある。さらに、ケンもホロロもともに雉(きじ)の鳴き声で無愛想に聞こえることがあるから、とある。慳貪(けんどん)、突慳貪(つっけんどん)のケンと掛けたもの、ともいう。慳貪は「なさけ心のないこと、愛想がないこと」で、とりつく島がない、というのも同じ意味だ。

すこし前、箱根仙石原の湿性花園でキジの鳴き声を30mぐらい離れて聞いたことがある。甲高い声で、たしかにケーンと鳴いていた。かなり大きな声なので犬の鳴き声かと思ったほどだ。驚いたけれど、無愛想に聞こえたかどうかは覚えていない。もっとも、愛想のいい鳥なんているのだろうか

けんも
ほろろも
キジの声
無愛想
かな

| コメント (3)

2013.12.22

ススキ

P1260429
新川の枯れすすき

ススキは
北米では侵略的外来種
日本の
セイタカアワダチソウみたいに
嫌われているらしい

| コメント (2)

2013.12.21

時計は

時計は
デジタルより
アナログが好きだな
丸い文字盤と
針の動きがいい

| コメント (3)

2013.12.20

大粒の霰(あられ)

きょうは変な天気だった。降ったり照ったり曇ったり、狐の嫁入り状態だったり。それが午後一時すぎになると、とつぜん大きな霰(あられ)が音を立てて降ってきた。かぎりなく雪に近い霰である。窓を開けると、あちこちの屋根に霰が跳ねている。そして、たちまちうっすらと雪化粧をした。雹(ひょう)だったら、もう少し音が激しいし、氷だから透き通っているだろう。

P1260405
大粒の霰が屋根をたたく(拡大可)

そのときピカッと閃光がきらめき、ドーンと雷鳴がとどろいた。近くに落ちたような音だった。だが雷鳴はその一発だけだった。黒雲に覆われて霰が降っているのは登戸あたりだけのようで、遠くのほうは晴れているらしく明るかった。やがて霰は雨にかわり、だんだん弱くなり霧雨になった。30分足らずの出来事である。

P1260409
10分ほどで屋根が白くなる

ラジオをつけたが別段変わったことは言わない。たぶん、この天気は局地的なもので放送するほどのことはなかったのだろう。しかし、最近の天気の乱れは何だろう。夏の酷暑、遅い台風、早い寒波、とにかく天候が極端に走る。人心のみだれが自然に反映しているのだろうか、などと余計なことを考えてしまう。

夕方のニュースによると、気象庁は東京の初雪を観察したと宣言したそうだ。平年より14日早いという。わたしが見たのは、かぎりなく雪に近い霰だったのだろう。

| コメント (3)

2013.12.19

ジングルベル

P1260383
ガラポン福引き会場、新百合ヶ丘エルミロード

クリスマスセールの
福引き会場で
ジングルベルが鳴る
あっ
また誰か当たった!

| コメント (2)

2013.12.18

しんゆり歌会(12月)

雪が降るかもしれないという予報の通り、寒い日だった。それでも歌会の部屋は笑い声に包まれて、暖かだった。歌会のあとは蕎麦屋「つづらお」で、ミニ忘年会を開いた。新しく入会した4人も歌会が気に入ったようでなによりだ。五行歌では原則として、①添削をしない、②批判をしない、③いいところを褒める。そこが歌会をより楽しいものにしているのだと思う。

この子を最後に                とし子(一席)
抱き締めたのは
いつだったろう
娘の八つ当たりを
そっと受け止める

ここまで生きて来たら             片野(二席)
もう怖いものなしね!
熱い握手
我等七十一歳
青春のクラス会

クロネコのお兄さんも             ripple(三席)
佐川のお兄さんも
年をとってきた
みんな同じ時代を生きている
仲間

手間ひまかけて                京子(四席)
作る
スープで
心も体も脳も
ほっこり

白雪の富士                   疋田
青光りの相模灘を
病室から望む
転院せまられた老母
眺められるのは幾日か

| コメント (4)

2013.12.17

八つ手の花

P1260263

この寒いなかヤツデの花が咲いている。葉っぱは天狗の団扇みたいだ。八つ手は半日蔭ぐらいのところでよく成長するが、ここの八つ手は日当たりがよすぎて葉がすこし焼けている。花の少ない時期なのでよく目立つ。八つ手というから、葉っぱは8枚に裂けていると思いきや、7枚か9枚らしい。真ん中に一枚葉があり、左右に続くから奇数枚になるそうだ。昔の人は、7と9の間をとって、八つ手としたのだろうか。

古い家では、便所のそばに植えられていることが多かったのを覚えているが、ヤツデには蛆を殺す成分が含まれているらしい。

| コメント (2)

2013.12.16

クリスマス・コンサート

日曜日の夕方は、新百合ヶ丘の市民交流会館「やまゆり」で、岡田悦さんのクリスマス・コンサートを楽しんだ。シャンソン、ラテン、サンバ、それに中島美由紀の「時代」など、優しいやわらかい声を聴かせてくれた。音響が思いの外よかった。スタッフの苦労が偲ばれる。後半はクリスマスソングを観客と歌い、盛り上がった。久しぶりに飲んだワインがきいた。

P1260334

P1260363

外に出るともう真っ暗で、あちこちのイルミネーションが輝き、クリスマスと年の瀬の雰囲気を醸し出していた。

P1260389

気がつくと
クリスマスの曲が
流れる街を
こころ踊らせながら
歩いている

| コメント (2)

2013.12.15

霜柱

P1260293

さくさくと
霜柱を踏むと
足の裏に
冬の感覚が
甦ってきた

| コメント (2)

オオバン

P1260274
多摩川水道橋@登戸

土曜日の昼休み、多摩川に行ってみた。少し寒いが雲一つない青空だ。その空を写して川面も青々している。ときどきカワウやコサギが飛ぶぐらいで、静かだ。

P1260278
小田急の青いロマンスカー

P1260285
宿河原堰の上

草が刈り取られていて見通しがよくなった。湾処(わんど)にはオオバンが4羽いて、水草を食んでいた。オオバンをアップで撮ると、目が赤い。それから、バンの幼鳥もいたが、芦の中にもぐってしまったので写真はなし。

Dsc_9149
オオバン

Dsc_9153

夜、録画したBSの「日本縦断、こころ旅」を見ると、火野正平がこの東京側の土手をサイクリングしていた。二子多摩川から狛江、調布、橋を渡って大丸までの区間だが、なじみの場所を映像で見るのも楽しい。

| コメント (0)

2013.12.14

鷹の爪

Dsc_9113

唐辛子を植えたが、夏場の水不足とモグラのトンネルのせいで成長が悪かった。しかし、なんと美しい赤だろう。深紅というべきか、真紅というべきか。あ、そうだ。これを五行歌にしよう。

枯草のなか
唐辛子の赤が
目を引く
真紅というべきか
深紅というべきか

| コメント (4)

2013.12.13

エノコログサ

P1260033
エノコログサ(猫じゃらし)

猫じゃらしも
すっかり
白くなって
冬景色の
一役を買う

| コメント (4)

2013.12.12

作品0023・水彩

P1260268
大きな柿と落葉

月一回の絵画教室。最期に塗ったピンクっぽい色でトマトみたいになってしまった。枯れ葉のカサカサした感じがうまく出ない。たぶん塗りすぎだと思う。むずかしいものだ。ま、初冬の雰囲気は出ているので、よしとしよう。

| コメント (2)

2013.12.11

上川霊園行

P1260260

P1260251

今年もまた上川霊園に行った。八王子は氷点下の予報だったが、われわれが到着した10時ごろにはだいぶ暖かくなっていた。いつもより一週間ぐらい遅いせいか、木々の葉はほとんど散っていた。お墓参りを終えたあとは、いつも気持ちがいい。

P1260258

寒いので池の錦鯉の動きは鈍かったが、それでもそばに行くと、餌をもらえるのではないかとみんなが集まってきた。池のまわりの土は先日の雨を含んで凍っていた。

いつもは
出来合いの花だが
今回は一本一本
自分で選んでみた
いいものだ

| コメント (2)

2013.12.10

ほおずきの実

Dsc_9096
ホオズキの実

ほうずきは
鬼灯と書くが
袋が枯れると
なるほど
ぼんぼりになる

| コメント (6)

枯れ葉には

Dsc_9070 

Dsc_9073 

芽吹きから
新緑へ
そして紅葉へと
今年も
楽しませてもらったよ

| コメント (0)

2013.12.09

電波時計

壁の
電波時計は
一秒たりとも
くるわない
つまらない

| コメント (2)

イルミネーション@よみうりランド

P1260066

日曜の夕方、よみうりランドのイルミネーションを見に行った。うちからは車で5、6分だが、灯台下暗しで、ほとんど行ったことがない。むかし、屋外のアイススケートリンクがあったころに通っていたくらいだ。よみうりランドでは、イルミネーションでなくジュエルミネーションと呼んでいる。宝石のジュエリーと重ねた造語で、宝石のように光り輝くという意味を持たせたらしい。園内に入ると視界がパッと開け、とつぜん光の国が出現する。演出がにくい。

P1260121

P1260116

P1260099

P1260104

P1260202

P1260140_2

メインの並木道では、20分ごとに音楽に合わせてイルミネーションが暗転して、点滅したり、流れたり、美しい模様を描く。これにはみんな立ち止まってしまう。この世は音と光でできているのだなと一瞬思う。日曜なので遊具はどれも行列ができている。そのすべてに電飾がほどこされているので見ているだけで楽しい。大観覧者に乗って東京の夜景を見るのもいいなと思ったが、寒いなか30分も並ぶ気にはなれない。

P1260166

P1260173

P1260222

しばらくすると、中央の舞台でアクロバットが始まった。体脂肪3%というムキムキマンが宙返りや逆立ちなどの曲芸を見せてくれた。人間のからだも極限まで鍛えるとすごいものだ。そのあと、まり子という歌手がキーボードの弾き語りを始めた。日曜日は混むが、いろんなイベントが企画されているのがいい。駐車場は1,000円だが、乗り物なしの入園料は700円と安い。60歳以上はシニアで600円とさらにやさしい。夜の部は16:00から20:30まで。

P1260234

| コメント (2)

2013.12.08

枯れ葉には

P1260045 

枯れ葉には
無数の赤が
無数の黄が
無数の色が
隠れている

| コメント (3)

2013.12.07

厚葉君が代蘭

P1260039
アツバキミガヨラン、登戸長念寺

自転車で来る途中、長念寺のところでアツバキミガヨランを見た。左の株はもう花が終わっているが、右のほうが遅れて咲いたらしい。花茎が長く伸びて、けっこう豪勢である。調べてみると、学名はYucca gloriosaで、ユッカ蘭ともいうらしい。春と秋に咲くそうで、秋は9月に咲き始めるものと、11月に咲き出すものがあるという。年を越すものもあるそうだ。

13子どものころ、うちの庭にもあったが、わたしは竜舌蘭だと思っていた。アツバキミガヨランがリュウゼツラン科であることは間違いないが、竜舌蘭のほうはめったに花をつけない。花が咲くと枯死してしまう。以前、浜離宮庭園で50年ぶりか70年ぶりか竜舌蘭の花が咲いたというニュースを見た。ネットで写真(左)を見つけたが、なんと花の茎は5,6mになっている。

| コメント (0)

小菊

P1260022

もしも
この世が
モノトーンだったら
なんて
考えてみる

| コメント (0)

2013.12.06

五行歌誌12月号・投稿歌

劣等生だったから
劣等生の気持ちがわかると
やなせたかしさん
そういえば世の中
劣等生のほうが多い

アンパンマンは
空腹の人に
自分を食べさせるらしい
ブッダの前世にも
そんな話がある

やなせさんの
死を悼んで
アンパンマンも
バイキンマンも
号泣した

犬の散歩に
アスファルトの道は酷だ
用を足したあと
土を掛けようとして
後ろ足が空回りしている

ここでも
あそこでも
しゃべってる
だまれ!
ケータイ

ゴミを
捨てるのに
罪悪感を感じる
地球を
汚しているから

| コメント (4)

2013.12.05

麗しのサブリナ

10

BS3で、いまオードリー・ヘプバーン主演の映画を特集している。『麗しのサブリナ』はまだ見ていなかったので、録画して見た。大金持ちのお抱え運転手の娘がサブリナで、そこの長男サリナスがなんとハンフリーボガード、次男デイビッドがウイリアム・ホールデンという豪華キャストだ。

この映画のリメイク版で『サブリナ』というのがあり、そっちのほうは見たことがある。カラーで、なかなかいい出来だった。その映画では、サブリナははじめ眼鏡をかけていた。だからパリ帰りの洗練されたサブリナをデイビッドが別人と思ったのは無理もない。オリジナル版では髪型とメイク、それに衣装の違いぐらいだから、デイビッドがサブリナと気づかなかったのがおかしい。ま、喜劇映画と思えば、それはそれでいいか。

しかし、オードリー・ヘプバーンのウエストは細いね。おしゃれをすると得も言われぬ品が出るのはなぜだろう。マイフェアレディー、ローマの休日、シャレード、昼下がりの情事、ティファニーで朝食を、など、どの映画も最後はエレガントに決めている。サブリナという7分丈のパンツもこの映画で使われて評判になり、流行した。イギリス人ということもあって、言葉にクイーンズ・イングリッシュの響きが入っているのが心地よい。

ヘプバーンは後半生をユニセフの活動に捧げている。心の優しさ、濁りのなさが、彼女に澄んだ瞳と気品あふれる容姿を与えたのかもしれない。

| コメント (2)

2013.12.04

歯の麻酔

奥歯のかぶせ物が舌にひっかかるので、歯医者に行った。20年以上も前に治療したところだが、年と共に歯が痩せてきてかぶせ物が浮いた状態になっているらしい。舌が当たる部分を削るだけですむかと思ったが、かぶせ物を取り替えることになった。

何度やっても、麻酔の注射は痛い。肩に力が入り、手足がつっぱる。それから例のキーンという研磨作業だ。先生の手が唇を挟み付けて痛かったりもするが、麻酔のおかげでこういう治療をしてもらえることを思うと、いい時代に暮らしているな、ありがたいことだ、と自分に言い聞かせる。

麻酔の注射で
全身が緊張する
そのお蔭で
いい治療が
受けられるのだが

| コメント (2)

2013.12.03

SDスロットの故障

先日買ったパソコンのSDカードスロットが壊れてしまった。SDカードを入れても、ウンともスンとも言わない。さいわい、古いほうのパソコンが使えるので、デジカメで撮った写真をそちらで編集してブログにアップしている。SDカード自体は壊れていない。

Fm新しいパソコンのUSBのほうは大丈夫らしく、古いパソコンの画像をフラッシュメモリーに入れて、それを新しいパソコンのUSBスロットに入れるとうまく入る。そこでUSBにカードリーダーを差し、それでSDカードを読み取ろうとすると、これがうまくいかない。いったいどうなっているのだろう。

今日の昼休み、ノジマ電気にパソコンを持って行った。チェックしてもらうと、やはり、SDカードスロットが壊れている。カードリーダーのほうの問題は、私の使っているものが古くて2GBまでしか転送できないらしい。デジカメでは4GBのSDカードを使っている。それで新しいカードリーダーを買った。いろんなカードが使えて、たったの480円とは驚いた。少し前なら2000円はしただろう。技術の進歩はすごい。

けっきょく、買ったばかりのパソコンを修理に出すことになった。保証期間なのでお金はかかるまいが、2週間ほど新しいパソコンは使えない。

SDスロットが壊れた原因について、思い当たることがある。それはひどく乾燥した日にパソコンに触れたとき、ピリッと指先が痛くなるほどの静電気を感じたことだ。ひょっとすると、あれが原因だったかもしれない。これから静電気にびくつく季節になるが、パソコンに触れる前には必ず静電気を除去するよう注意しよう。

| コメント (2)

2013.12.02

シロマツ

P1260012_800x533
シロマツ@絵画館前

赤松があり
黒松がある
そして
白松がある
と知る

| コメント (0)

2013.12.01

外苑のいちょう祭り

P1250943_800x533

P1250983_800x533

日曜の午後、明治神宮外苑に行った。なんとなく、あのイチョウ並木の黄葉が見たくなったのだ。銀座線の「外苑前」で降りると、半分はイチョウ並木に向かう人ではないかと思われた。ガードマンが出て交通整理をしている。イチョウは少し茶色になりかけていたが、まだまだ見頃である。

P1250959_800x533
イチョウの木の下は明るい

P1260003_800x533
いちょう祭り、まるでお花見

イチョウ並木を絵画館方に進むと、噴水池のまわりの芝生広場で「いちょう祭り」をやっていた。日本各地の食べ物のテントがならび、ここもすごい人だった。われわれは長崎の「鰯だんご」を食べたが、ふんやりやわらかくいい味だった。噴水池の向こう側からイチョウ並木の写真を撮ろうとすると、ちょうど光の加減がよく、水面にイチョウがきれいに映っていた。人の群れを無視すれば、ちょっとしたタージマハールだ。

P1260001_800x533
水に映るいちょう並木が美しい

国立競技場に近づくと、ときどき大歓声が聞こえてくる。ラグビーの早明戦をやっているのだ。入口に近寄ると、隙間から超満員のスタンドが見えた。この国立競技場も2020年の東京オリンピックのために解体されて、新築されるらしい。老朽化もあるのだろうが、とんでもないお金がかかることを思うと、ちょっと考えてしまう。東日本の復興資金にまわすべきではないかと。

P1260005_800x533
絵画館前からイチョウ並木を臨む

P1260018_800x533
信濃町駅へ向かう歩道橋から

| コメント (7)

冬景色

P1250931_1024x683
二ケ領用水も冬景色へ

桜の葉も
ほとんど散り
すっきりした
二ケ領用水
冬景色

| コメント (4)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »