« 山手線のホームドア | トップページ | 戸隠不動尊跡(生田緑地) »

2013.11.14

作品0022

0022_2

綿の木をスケッチした。真っ白な対象を鉛筆で描くのはむずかしい。鉛筆の黒が綿の実にはないから。先生から擦筆という「こする」だけの布製の筆の使い方を教わり、綿のやわらかい感じを出してみた。影をぼかして、そして練りゴムで鉛筆の黒をていねいに剥す。あとから濃い色で背景を描くのは難しいので、色をつけるのはやめた。

綿の木を
描いてみた
白い背景では
白い綿が
埋没してしまう


« 山手線のホームドア | トップページ | 戸隠不動尊跡(生田緑地) »

コメント

そうなんですね!私も勉強になります。綿の木ってぬくぬく、ほこほこしていいですね。

投稿: エノコロ | 2013.11.14 17:17

★エノコロさん、
拡大して見ていただくと綿の感じがわかる
かもしれません。むずかしい題材でした。
しかし、おもしろい植物ですねえ。

投稿: ripple | 2013.11.15 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山手線のホームドア | トップページ | 戸隠不動尊跡(生田緑地) »