« キンモクセイ | トップページ | 作品0021 »

2013.10.08

どんぐり

昼休みに生田緑地の飯室山に登ってきた。長者穴古墳跡の散策ルートはかなりきつい。あまり人も見かけなかった。飯室山の山頂にある展望台に上ると、つよい風が空気を浄化したらしく、東京がよく見えた。新宿副都心もスカイツリーもぐんと近くに見える。

P1300852
生田緑地の遊歩道

P1300862
左上が新宿副都心

P1300861
小さな白い雲の下、やや左にスカイツリーが見える

展望台の脇にはクヌギの木が何本かあって、どんぐりが落ちていた。クヌギの実はでかい。そして、それがりっぱな器に守られている。もじゃもじゃした毛のようなものも何か役割があるのだろう。二つほどポケットに入れて持ち帰り、アップで写真を撮ってみた。いつもながら、自然のつくるものは傑作ばかりである。

P1300860
クヌギの下は夥しいほど大きなドングリが転がっていた

P1300867
クヌギの大きなどんぐり、これもまた、傑作。


« キンモクセイ | トップページ | 作品0021 »

コメント

今朝ラジオ体操の公園でどんぐりが肩にコツッと落ちてきました。結構な刺激!肩たたきをしてくれたようで嬉しくなりました。

投稿: エノコロ | 2013.10.09 15:11

★エノコロさん、
散歩中もポツンポツンとどんぐりが
落ちてきて、たまに落葉がすべるように
着地したりして、楽しめますね。
クヌギだと痛いかもしれませんね。

投稿: ripple | 2013.10.10 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キンモクセイ | トップページ | 作品0021 »