« 重陽の節句 | トップページ | 中野島神社のお祭り »

2013.10.14

真っ赤になれない酔芙蓉

Dsc_8902
ピンクが夕べの、白が今朝の酔芙蓉

Dsc_8931

Dsc_8915
もちろん黒赤色のはながおとといのもの

きのうなど、夕方までほとんど白のままで、朝になってみるとなんとかピンクになっていた。気温が低く、日照が不足すると酔芙蓉は酔えないのだ。まだ蕾がたくさんある、できれば、みんな咲かせてやりたい。


« 重陽の節句 | トップページ | 中野島神社のお祭り »

コメント

私の家の道を挟んだ後ろのお宅に大きな酔芙蓉が見えています。
先に出されました「酔えない酔芙蓉」を見てから毎日気を付けて見ていますが、
朝から夕方まで良く日が差しますので夕方見るとほとんどピンクに染まっています。
朝は真っ白なのに不思議ですね。

やはり日光と気温が大事なのでしょうね。

投稿: tama | 2013.10.14 21:25

★tamaさん、
芙蓉は花が大きくてりっぱなのですが、
酔芙蓉は色の変化も楽しめるというので
数年前に鉢植えを購入し、地植えにして
みましたら、3mぐらいになりました。
冬にぜんぶ枝を切ると、また新しい枝が
出てきます。1000個は咲くでしょう。

投稿: ripple | 2013.10.15 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重陽の節句 | トップページ | 中野島神社のお祭り »