« 調布の花火大会 | トップページ | 争わないこと »

2013.08.26

アースソング

ゆうべラジオを聴いていたら、10時からTBSで「橋幸夫の地球楽団」というのをやっていた。ゲストは湯川れい子さんで、その2週目だそうだ。なかなか面白い内容で、ラジオも捨てたものではない。湯川さんは世界中の著名なアーティストと親しく、その中で特にマイケルジャクソンの話をしていたのが印象に残った。

マイケルは地球の将来をひどく心配していたそうだ。熱帯雨林の破壊、飢餓、戦争など、地球がなくなってしまうことを恐れていたという。アーティスト独自の直感なのだろうか。マイケルジャクソンはムーンウォークがうまいくらいしか知らず、その歌をまじめに聴いたことなどなかったが、番組で流された「アースソング」はなかなか胸を打つものだった。歌詞の一部を載せよう。日本語訳は私。

What about sunrise
What about rain
What about all the things
That you said we were to gain...

What about killing fields
Is there a time
What about all the things
That you said was yours and mine...

日の出はどうなるの?
雨はどうなるの?
僕らが手に入ると思っていたものは
みんなどうなるの?

殺し合いはどうなるの?
戦いは終わるの?
僕らのものになるっていったものは
みんなどうなるの?

Did you ever stop to notice
All the blood we've shed before
Did you ever stop to notice
This crying Earth these weeping shores?
Aaaaaaaaah oooooooooo
Aaaaaaaaah oooooooooo

考えたことある?
これまでに流された血のこととか。
地球が泣いているとか、
涙を流しているとか。

アアアー ・・・ ウウウー ・・・ 

いままで、ロックは音がやたらに大きく、言葉もほとんど聞き取れないので、嫌いだった。あんなのはノイズだ。雑音だ、騒音だ、と思っていたが、なかにはメッセージ性の強いものもあるらしい。感性の豊かな人たちの叫びといってもいいのだろう。


« 調布の花火大会 | トップページ | 争わないこと »

コメント

はじめまして。

♪アースソング♪は心うたれる曲です。イントロのビルとビルの間をぬけるすきま風のような音から静かなピアノ演奏 そして切なく悲しく泣くように歌うMichaelの歌声‥

Michaelの曲にはメッセージがいっばい込められていると思います。

是非 他の曲も聴いてみていただきたいです。

投稿: 舞子 | 2013.08.27 00:56

★舞子さん、
コメント、ありがとうございます。
出だしの「What about sunrise」でもう
いっぺんに引き込まれてしまいました。
Heal the worldもいいですね。
これから少しずつ聴いていきます。(^-^)

投稿: ripple | 2013.08.27 08:58

マイケルさんの歌は好きなのがありました。

 彼の生き方は本当に分からなかったけれど、
彼は子供のころは教会で歌っていたのですが・・・

投稿: dorucasu | 2013.08.27 19:23

★dorucasuさん、
ジャクソンファイブのころは可愛かったですね。
晩年はいろいろ言われたけれど、こころから
平和を願っていたのは本当のようでしたね。

投稿: ripple | 2013.08.29 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調布の花火大会 | トップページ | 争わないこと »