« まるでガマガエル | トップページ | 白いつばさ »

2013.08.02

「五行歌」誌、8月号投稿歌

女性が
どんなに
化粧したところで
自然な笑顔には
敵わない

住む人が
ふえたのに
知らない人ばかり
にぎやかなのに
寂しい

なんとなく
ひらめいたことが
最善のことは
少なくない
理屈をこねないから

絵は不思議
年月が経っても
描いた人の
思いが
伝わってくる

漱石展を見てから
上野界隈を歩くと
ほんわかとしてくる
こんどは
赤門まで行ってみよう

夫婦は相性
自分にない良さを
相手に見つけて
喜べたら
それが最高

« まるでガマガエル | トップページ | 白いつばさ »

コメント

みんなrippleさんのお歌ですか。
上手に詠まれていますね。
2番目の「住む人が」の歌その通りだなと思いました。
家はどんどん建って自治会の人数は増えてきていますが
知らない人ばかりで寂しいです。

投稿: tama | 2013.08.03 10:33

★tamaさん、
五行歌の会の同人は、毎月6首投稿しています。
ぜんぶ私の歌ですが、以前にブログに載せたもの
も入っています。二番目の歌、その通りでしょ。
コミュニケーションの希薄な時代になりましたね。

投稿: ripple | 2013.08.03 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まるでガマガエル | トップページ | 白いつばさ »