« 水墨画展 | トップページ | 真夏はいつ »

2013.06.23

アフリカハマユウ

日曜日、栗平の西食亭で食事をした。それから叔母の畑を見に行った。まめに手を入れいているので、畑はほとんど雑草が生えていない。叔母は木陰で弁当を食べていた。雨が降ったおかげで野菜がぐんぐん伸びるので嬉しくてしょうがないという。もう80歳を越えたが、からだを動かして好きなことをやっているのでますます元気である。

P1270731
アフリカハマユウ(俗にインドハマユウともいう)

P1270732
赤い花もある

畑のすみにテッポウユリのような花がさいている。しかし葉っぱはアガパンサスそっくりである。叔母に「これ何の花?」と聞くと、「ハマユウだって」と答える。ふうん、ハマユウってこんな花だったっけ。写真を撮って、ネットで調べてみると、正式には「アフリカハマユウ」というらしい。ただ、俗称の「インドハマユウ」のほうが先行しているそうだ。では実際のハマユウの花はどんな花かというと、こうである。

Hamayu6
季節の花300より

女優の浜木綿子は知っているが、花のほうは知らなかった。
見てはいるのだろうが関心がないと記憶が定着しないものだ。

アフリカ浜木綿
花は
まるでテッポウユリ
葉は
まるでアガパンサス


« 水墨画展 | トップページ | 真夏はいつ »

コメント

ハマユウという音の響きとゴージャスな花びらがミスマッチだと常々感じていましたが、こちらのアフリカハマユウも百合のような優雅な花と名前がミスマッチ。花の名前って面白いですね。

投稿: エノコロ | 2013.06.24 15:36

★エノコロさん、
ハマユウという響きはなにかかそけき花を
連想させますよね。それがカサブランカなみの
豪華さですからね。アマリリスなんかも可愛い
花かと思っていたら、ビクターの犬が聴いてる
スピーカーみたいで驚いたことを思い出します。
花の名前だけで何冊も本が書けますね。

投稿: ripple | 2013.06.24 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水墨画展 | トップページ | 真夏はいつ »