« 犬はおのれを | トップページ | のらぼう菜の花 »

2013.05.08

五行歌誌投稿歌(5月号)

人のよい
若者がふえた
平和な証拠だが
がまんが足りないのが
気になる

五本指の靴下を
愛用している
これを手で編んだら
何日かかるだろうと
履くたびに考える

夜中に
足首を捻った
六〇キロからの
体重だもの
重いわなあ

歯がぐらつくので
煎餅を砕いて
食べたりしている
年をとれば
年寄りらしくなる

神棚の榊が
小さな新芽を
吹いている
なんだか
うれしくなる

絵を習い始めた
一生懸命観察し
一生懸命写生する
とにかく楽しくて
時間がふっ飛ぶ

« 犬はおのれを | トップページ | のらぼう菜の花 »

コメント

5本指の靴下はよく売れるが
確かに手で編んだら大変だろうな
いままで、売っていて、考えたこともなかった
なるほどね

投稿: ブル | 2013.05.08 18:34

みなさん、上手いですねぇ
写真の助け(説明)がなくても
ちゃんといいたいことが伝わって(._.)ウンウンとうなずきながら読ませてもらいました
ちなみに、最後のはrippleさんの作品でしょうか・・・
絵画教室が楽しくて仕方が無い様がとってもよく伝わって来ます
素晴らしいです

投稿: エリザベス | 2013.05.08 21:01

★ブルさん、
たかが五本指の靴下だけど、なかなかうまく
フィットするのがありません。大きすぎたり
指が長すぎたり、絹のはすぐ穴があくし。
俺の足がわるいのか?

★エリザベスさん、
これはぜんぶ私の五行歌です。
五行歌の会同人は月刊誌「五行歌」に毎月
6首投稿できるのです。

投稿: ripple | 2013.05.09 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬はおのれを | トップページ | のらぼう菜の花 »