« 人生はしゃぼん玉 | トップページ | キウイの花 »

2013.05.19

このあいだまで、人生50年

Life_2

日本人の平均寿命の推移の表がある。それによると、昭和22年になってはじめて50歳に到達したことがわかる。明治、大正の頃の平均寿命は42~43歳ぐらい。それが昭和に入るとぐんぐんのびて、戦後にはほとんど50歳に近づいた。戦争がなければ、50歳はもっと早く越えていただろう。それからがすごい。昭和30年には60歳、昭和50年には70歳に到達し、いまや80歳を越えている。なんと明治大正の頃からすると二倍も長生きになったことになる。

むかしは子供が病気や事故、飢えなどで死ぬことが多かったから、それを割り引けば大人はもう少し長生きしていたかもしれない。それでも60~70歳ぐらいまでだろう。還暦まで生きればいいほうだった。それが証拠に、70歳は「古来稀なり」といって古希を祝うではないか。経済が発達して生活が豊かになり、栄養状態がよくなった。医療の進歩のおかげで子供の死亡率が下がり、血圧のコントロールができるようになったりして、長生きをする人が飛躍的に増えた。

戦後はまだ「人生50年」だったのである。それが、またたくまに60年、70年となり、いまや人生80年。秦の始皇帝が不老不死の妙薬を求めたように、長生きは人類の夢だった。そのことを考えれば、人生80年という時代を迎えたということは狂喜乱舞していいぐらいである。

平均寿命80年ということは、90歳や100歳の人がぞろぞろいる勘定になる。若くして亡くなる人もいるからだ。いまや、われわれはまったく未知のゾーンに突入したのである。ヒトの死亡率は100パーセント。いずれはみな死ぬ。年をとれば心身が弱まり、介護が必要になる。ひとりでは生きていけない。まずは長寿社会に生きられることを心から感謝し、強い人が弱い人をたすけ、この古来稀なる時代を乗り切っていかなければならない。

平均寿命が
五十歳を超えたのが
昭和二十二年だという
いまや人生八十年
じつに有り難いことだ

« 人生はしゃぼん玉 | トップページ | キウイの花 »

コメント

「生まれて良かったですか」
と 問われたら
「良かったです」と
言える人生が
一番と尊い事だと思う

投稿: tama | 2013.05.19 11:18

★tamaさん、
アメリカやヨーロッパでは奉仕の精神がつよく、
ボランティアが積極的に介護に参加していると
聞きます。世の中のためにつくすことが自分の
人生を豊かにするのではないでしょうか。

投稿: ripple | 2013.05.19 11:30

人生50年を
すでに16年も越えさせていただきました。
一日一日が
神からの贈り物
それをついつい忘れてしまいます。

投稿: マッコウオヤジ | 2013.05.19 20:28

うーむ
こころの貧しさのせいですかね。
寿命が伸び続けることに抵抗を感じますね。
どう生きるかが問題でなどと考えたりして。

投稿: kei | 2013.05.20 05:08

我が家の前はキウイ棚です。
可愛い花ですね。

実になると持ち主がひとつ残らず採っていきます。
なんだか寂しい。

投稿: kei | 2013.05.20 05:11

★マッコウオヤジさん、
そうなんですよね。おまけの人生をいただいて
いながら、不平不満を言っていたらバチがあた
りますね。もったいないことです。

★keiさん、
本当は内容でしょう。モーツアルトも啄木も
林芙美子も若くして亡くなっていますが、
いまなお影響力を及ぼしています。keiさん
だって20年以上おまけの人生を謳歌してい
ることになりますね。(^-^)

★keiさん、
コミュニケーションが希薄な時代ですね。
むかしなら、おすそ分けしたものですが。

投稿: ripple | 2013.05.20 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生はしゃぼん玉 | トップページ | キウイの花 »