« 安藤広重 → 歌川広重 | トップページ | さくらの花びらに »

2013.03.26

日本民家園ちょっとリニューアル

P1250037

桜が満開だが、きょうは寒い。桜の花がこごえているようだ。木の芽が吹き始めた日本民家園に行ってみた。いくつかの民家の屋根がふきなおされたり、壁が塗りなおされたりして、ちょっとしたリニューアル気分が味わえる。

P1250038

茅葺の家に入り
囲炉裏やかまどの
においを嗅ぐと
自然に
こころが落ち着く

« 安藤広重 → 歌川広重 | トップページ | さくらの花びらに »

コメント

私が中学生になるまで暮らした生家は藁ぶき屋根でした。

かまどは覚えていますが、暖房はなんだっただろう。

火鉢かな。井戸で冷やしたすいかは美味しかったけど
あまり思い出せないなぁ。

投稿: kei | 2013.03.26 17:43

★keiさん、
火鉢、囲炉裏、掘りごたつ、そして湯たんぽかな。
栄養状態もよくなかったから、しもやけ、あかぎれ
なんかもできていました。しかし井戸水は温かく、
夏はつめたかったですね。(^-^)

投稿: ripple | 2013.03.26 18:32

四角い蒸し器、私の家にもありました。
おめでたい事がある度に、沢山お赤飯を
蒸して、ご近所や親戚にくばりました。
沢山蒸すのでとても美味しかったことが
懐かしく忘れられない味です。

子供の誕生に
赤飯作り
家中に
米と小豆の匂い
満ち溢れてた

投稿: tama | 2013.03.27 06:43

★tamaさん、

せいろの湯気
お赤飯の匂い
なにかいいことあるなと
子供心に
興奮したのもの

投稿: ripple | 2013.03.28 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安藤広重 → 歌川広重 | トップページ | さくらの花びらに »