« 五行歌の呼吸 | トップページ | けさの霜 »

2013.02.16

シメ

Dsc_5798
シメ、鋭いくちばしで硬いものも平気

昼休み、自転車でほたるの里に行った。風がつよく、寒いので鳥さんはさっぱりだった。シジュウカラやカワラヒワがいたが、写真は撮れなかった。遠くの木に黒いものが見えたので、カメラを向けたらシメだった。休憩中らしく、じっとしていて動かない。一回りして戻って来ても、まだ同じ場所にいた。

Dsc_5833

Dsc_5856

P1240522
ほたるの里、田んぼ

P1240528
ほたるの里

風の
つよい日は
風が
おさまるまで
待てばいい

« 五行歌の呼吸 | トップページ | けさの霜 »

コメント

待てば良い
その心境には
なかなか到達しそうもない
俗人的な欲望ばかり
ああ情けなや

投稿: 荒野人 | 2013.02.16 19:33

★荒野人さん、
先日、ラジオ深夜便で「平穏死」の話を聞きました。
そこで、現代人が待てないということを言ってました。
腹水がたまったら抜く、抜くと脱水症状が起きるから
点滴をする。点滴をすると腹水がたまるから抜く。
食べられないから胃ろうをする。意識はなくても
元気になる。すると症状がつよくなったりする。
待っていれば枯れるように楽に死ねるのに、死にはぐる。
延命措置をしなければらくにいけるのに。

投稿: ripple | 2013.02.17 08:56

野鳥のファン
レンズの中に
虜に
できた時
愛のチュー

投稿: tama | 2013.02.17 19:46

”自然”が一番。
死に方も。

今少しの我慢ができないのですね。
周囲も。

投稿: kei | 2013.02.17 20:26

★tamaさん、

野鳥の
鼓動さえ
伝わる
レンズの中は
別世界

投稿: ripple | 2013.02.18 08:58

★keiさん、
まだ生きられるときは延命治療もいいが、
もう無理と分かるときがあり、そんな時
救急車を呼ぶと「死にはぐる」そうです。

投稿: ripple | 2013.02.18 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五行歌の呼吸 | トップページ | けさの霜 »