« 瞑想のすすめ | トップページ | デッサン作品3 »

2013.02.13

イチローのマシントレーニング

P1240331

P1240322

録画しておいた「イチロースペシャル2012」を見た。日頃からストイックなトレーニングをしていることは有名であるが、今回はテレビでその場面が放映された。ヤンキースに移籍が決まり、ニューヨークのアパートに移り住んだ。まだ家具類が到着する前だが、6台のトレーニングマシンがその一室に整然と並んでいた。7台だったかもしれない。ぜんぶ特注だという。

年をとると、からだのいろんなセンサーが壊れていくそうだ。無理に筋肉をつけたりすると、それが早まる。このトレーニングマシンは自分のからだのセンサーが落ちないように保ってくれる。そうイチローは話す。そして、手足や背腹の運動を儀式のようにこなしていく。その姿はまるで修行僧のようだ。プロで長くやっていくのは簡単ではないのです、と本音をぽつり。トレーニングを終えて廊下を歩いていくイチローの後ろ姿はじつにスリムである。華々しい活躍の影には不断の努力がつづけられているのである。

イチローが7月にとつぜんヤンキースへ移籍が決まり、その日の午後にはもうヤンキースの一員としてマリナーズと戦うことになった。これには驚いたが、セーフコ球場のマリナーズファンは、イチロー・スズキのアナウンスが流れたとき、誰もブーイングを鳴らさず、スタンディング・オベーションで暖かく迎えた。イチローの真摯な姿勢がファンの心を打ったのだろう。こちらも胸がつまった。

やるか
やらないかの
違いだが
イチローは
やっている


« 瞑想のすすめ | トップページ | デッサン作品3 »

コメント

私もみました。

>イチローは
やっている

才能となみはずれた努力で今があるのですね。
ほんと修行僧のようです。

投稿: kei | 2013.02.13 05:31

天才とは1%のひらめきと99%の努力っていう言葉通りですね。

投稿: エノコロ | 2013.02.13 11:54

プロの流儀 イチロースペシャル私も見ました。
その場の判断が試されて行く試練に重圧を感じないではおれませんでした。
華々しい影には想像以上の努力が有るのですね。

投稿: tama | 2013.02.13 16:17

★keiさん、
たかが野球と思いますが、イチローを見ていると
胸を打たれます。自分とのたたかいなのですね。
2月下旬には大リーグのオープン戦が始まりますね。

★エノコロさん、
いったい父ローさんはどんな教育をしたのでしょう。
ものを大切にする心は教えたそうですが。あんがい
その辺がいちばん重要なのかもしれませんね。

★tamaさん、
メジャーリーグといえば、肉食赤毛の巨漢ばかり。
球も160キロもの剛速球を投げる。そんな怪物たち
にまざって11年、しかも記録ずくめ、大きなけが
もない。ほんとうに精進のたまものですね。

投稿: ripple | 2013.02.14 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瞑想のすすめ | トップページ | デッサン作品3 »