« 雨の梅園とメジロ | トップページ | シメ »

2013.02.16

五行歌の呼吸

けさの「よみうり五行歌」の入選歌のひとつ、神川作。五行歌の自由さ、呼吸、比喩、季節感などがうまく表現されている。俳句や短歌では、こうはいかない。ちなみに神川さんは、わが「しんゆり五行歌会」のメンバー。

着ぶくれて
バームクーヘンのようになり
なお
震えている
渦巻きの中

« 雨の梅園とメジロ | トップページ | シメ »

コメント

何回読んでも本当に上手ですね。
しんゆり会はもう何年もされているのですか?
よほど年期がないとこんな発想は浮かばないように
思いますが。3~5行渦巻きが生きていますね。

投稿: tama | 2013.02.16 22:59

★tamaさん、
しんゆり五行歌会はことし丸5年を迎えます。
ベテランは3つぐらいの歌会をかけもちで
まわっています。先日は、月に8カ所の歌会
に出ているというつわものに出くわしましたよ。

投稿: ripple | 2013.02.17 08:58

神川さんにはいつも脱帽。
短歌の形式も得意なんですよね。
感性がいい。

投稿: kei | 2013.02.17 20:23

★keiさん、
むかしは短歌をされていたようです。
以前は、よみうり歌壇にもときどき
入選していました。書道は仮名の
師範とか。逸材です。

投稿: ripple | 2013.02.18 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の梅園とメジロ | トップページ | シメ »