« ネコの寄り合い | トップページ | ユキノシタ »

2013.01.03

茂原のヴィパッサナー瞑想センター

P1230787

きのう(二日)は風が強かった。ラジオで箱根駅伝の中継を聴きながら、パッソで木更津に向かった。途中、海ほたるで休憩をしたが、展望台は風が強くて立っていられないほどだった。満ち潮と重なったせいか、台風のときような大波が海ほたるに打ちつけてくる。駐車しておいた車もすっかり波しぶきをかぶってしまった。アクアラインの橋の部分は40km制限が出ていた。風力をみる目安となる吹き流しも真横にちぎれんばかりに震えていた。

木更津では「丸亀」で讃岐うどんを食べ、珈琲館でくつろいだ。それから、車二台で茂原のヴィパッサナー瞑想センターに行った。私もまだ見たことがないし、親戚の者にもできれば瞑想コースをとってほしかったからだ。木更津から牛久を経由して瞑想センターまでは1時間と少しかかったが、田んぼや山林を通るドライブは自然が豊かでなかなか楽しめた。ナビとHPからダウンロードした地図をたよりに3時半ごろセンターに着いた。

P1230805
ダンマーディッチャ(ヴィパッサナー瞑想センターin茂原)

瞑想センターの敷地は広大で、中央にホールがあり、左右に男女の宿泊棟が建てられていた。まだまだ建設の途中であるが、この冬休みのコースは60人が10日間コースに参加しているそうだ。ほどなく3時半になり、グループ瞑想を終えた人たちがトイレに行ったり、庭を歩きまわったりしていた。コースのあいだは沈黙を守ることになっているので、みんな伏し目がちに歩いている。ほどなく、次の瞑想開始のゴングが低く鳴った。60人となると宿泊棟だけでは足らず、テントも使用している。夏は暑く、冬は寒いだろうが、それはそれでいい修行ができるのではないだろうか。

むかし京都のコースでお会いした方がおられて、センターについて説明をしてくれた。ニューズレターとパンフレットをもらい、すこしダーナ(お布施)を置いた。木更津の親戚の子たちが、いつか10日間コースをとってくれるといいのだが。かならず、かれら自身にとって宝物になるからだ。かなりの人にヴィパッサナー瞑想を紹介し、実際に10日間コースに参加した人もすくなくないが、みんな素晴らしい体験ができたと喜んでいる。わたしもまたヴィパッサナーの瞑想に縁をいただいたことを心から感謝している。

どんなときでも
こころを
平静に保つ
そうすれば判断を
あやまたない

人の心は
勝って気ままで
ワイルドである
それを
手なずければいい

ダンマーディッチャ

私のヴィパッサナー瞑想体験記


« ネコの寄り合い | トップページ | ユキノシタ »

コメント

10日間ですか。
毎日日曜日の人でもちょっと考えますね。
正座して丹田で考える、いや瞑想ですから
考えちゃいけないのですね、

投稿: kei | 2013.01.05 06:33

★keiさん、
事故か病気で入院したと思えば、
10日間なんて一瞬です。それで
人生が好転するとしたらおつり
がきます。

考えないなんてむり、最初は
白日夢の連続です。(^-^)

投稿: ripple | 2013.01.05 09:15

私も来年大学を卒業予定の長男に、学生のうちに10日間コースを取って欲しい、と勧めています。確かに10日間(正味11日間)というと大変に感じますが、長く厄介な人生を思えばほんの一瞬のことですよね。

投稿: snowman | 2013.01.07 17:48

★snowmanさん、
ダンマーディッチャでお会いした女性は、
わたしがヴィパッサナー瞑想に行き始めた
頃はまだ大学生でした。もう20年前です。
ずっとヴィパッサナーを続けているようで、
いまの彼女からは澄んだ、落ち着いた波動
を感じることができました。センターは
まだ建設途上ですが、より多くの方が瞑想
に来るようになることを祈っています。

投稿: ripple | 2013.01.08 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコの寄り合い | トップページ | ユキノシタ »