« 烏瓜の実 | トップページ | 門松が走る »

2012.12.27

寒波

けさの東京の気温は最低が零下1℃、最高が7℃で、この冬一番の寒さだという。部屋の中にいても窓際から冷気が入ってくるのが分かる。庭の土は霜柱で浮き上がり、その高さは5㎝以上になる。人工芝を敷いたところも、その下の地面が凍り、歩くとバリバリ音がする。

P1230711

P1230713

外のバケツの水も凍っている。逆さにして氷の厚さをみると、じゅうぶん1㎝はある。昔なら水道管が破裂して大騒ぎになったことだろう。とにかく寒い。頬が痛いくらいだ。

P1230714

P1230716

夏はひどく暑く
冬はひどく寒い
地球温暖化は
気候が極端に
なるらしい

« 烏瓜の実 | トップページ | 門松が走る »

コメント

ほんとにキレイな霜柱ですねぇ

氷も厚いですね
我が家の氷より立派です。

投稿: namiko | 2012.12.27 17:20

★namikoさん、
むかしは晩秋に田起こしをしましたが、
それを霜柱が砕いていい土にしてくれた
のではないでしょうか。小石など簡単に
持ち上げてしまいます。(^-^)

投稿: ripple | 2012.12.27 18:07

世界の
あちこちで
異常気象による被害
自然の営みの中では
普通かも知れない

投稿: kei | 2012.12.27 20:43

新内閣
温暖化武器にして
原発推進
するのでは と
心配です

投稿: tama | 2012.12.27 22:53

★keiさん、
たしかに、大陸移動だの
氷河時代だのを体験してきた
地球にとってはまだまだ平穏
のうちかもしれませんね。
むかしは田んぼに張った氷に
乗って遊びました。(^-^)

★tamaさん、

安倍内閣
原発は鬼門
まあ
お手並み拝見と
行こう

投稿: ripple | 2012.12.28 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 烏瓜の実 | トップページ | 門松が走る »