« 枯葉吹雪 | トップページ | ヴィパッサナーの瞑想 »

2012.12.01

正とゲジゲジ虫

治療室から出す年賀状の枚数をチェックしていたら、おもしろいことを思い出した。日本では数を集計するとき、ふつう5画の「正」という字を使う。横縦横縦横と順に棒を引いて正の字が完成したら、5を示す。ちょっとした会合で選挙をするときなど、これを使うと得票結果が分かりやすい。正の字が3つできて横棒が1本あまれば、5×3+1で16となるわけだ。日本人なら誰でも知っている集計のしかたである。

学生のころ、AIESECの研修で2か月ほどドイツのカールスルーエという街にいたことがある。デパートで見習いのようなことをやっていたが、学生だからほとんど遊びのようなものだ。あるとき上司の女性と支店に行き、衣類の在庫の検査をした。そのとき、わたしは正の字を使って売れ残った服をチェックしていった。そうしたら、上司が「あんたなにやってるの」と叫ぶではないか。「チェックはこうやるのよ」と教えてくれた方法がこうだ。

Photo_2

まず、短い縦の棒を引いていく。もちろん、1なら1本、2なら2本引く。4までこれで行く。そして、5になったら長い横棒を4本の短い縦棒に交差させるように引くのである。このゲジゲジ虫のようなかたまりが5を示すことになる。そのかたまりが2つあれば10というわけだ。漢字民族からみると、なんとも情けない原始的な記号である。だが実際に使ってみると、これはこれでなかなか便利である。西洋ではこういう方式が一般的なのだろう。


« 枯葉吹雪 | トップページ | ヴィパッサナーの瞑想 »

コメント

ふふふ、おもしろい集計の表記ですね。
それなりに便利そうです。

投稿: しあわせさがし | 2012.12.02 15:44

ところ変われば風変わるですね。
ゲジゲシ計算方法も面白いですね。
使い慣れたら便利かもね(o^-^o)

投稿: tama | 2012.12.02 17:34

こんばんは~^^
とうとう師走がやってきましたね。

この数え方のこと、いつだったか私もブログに書きました。
日本の数え方が大好きなのです^^
「正しい」という漢字になるのがいいのです。
中国と韓国も同じなのでしょうか?

投稿: おしゃれな猫 | 2012.12.03 00:37

面白いデスネ。

動物の鳴き声も標記が違うし。

投稿: kei | 2012.12.03 05:48

★しあわせさがしさん、
漢字を知らない子供でもできるから、
その意味ではすぐれていますね。

★tamaさん、
おもしろいでしょ。
でも正の字でなくゲジゲジ虫が黒板に
いっぱい這っているいるなんてねえ。

★おしゃれな猫さん、
漢字の正というじは本当に整っていますね。
いかにも正しいという感じがします。
ほかの字ではこうはいきませんね。

★keiさん、
ところ変われば、やり方が違う。
こうでなければいけない、ということは
意外に少ないのかもしれません。

投稿: ripple | 2012.12.03 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 枯葉吹雪 | トップページ | ヴィパッサナーの瞑想 »