« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.31

一年間ありがとうございました

きのうと今日は
大差がないが
今日とあしたは
大晦日と元日で
雲泥の差 かな

大晦日があって
元日があるというのは
いいものだ
こころの
けじめがつく

ことし一年が終わろうとしています。
ブログを見ていただいた方、コメントを残してくれた方、
本当にありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。

| コメント (8)

2012.12.30

ビワの花

P1230753 

ビワの花が
咲いている
半年かけて
実をつける
辛抱強いやつだ

| コメント (7)

2012.12.29

おそば屋さん

P1230723

年末は
帰省する人
旅行する人
書き入れ時の人
さまざまだ

| コメント (3)

森信三の立腰教育

立腰教育というのを提唱したのは、明治生まれの教育哲学者・森信三である。親が子供に腰を立てることを教えることができたら、これにまさる贈り物はないと説いた。

つねに腰骨をシャンと立てること-
これ人間の根性の入る極秘伝なり。

人間は心身相即的存在ゆえ、
性根を確かなものにしようと思えば、
まず躰から押さえてかからねばならぬ。
それゆえ二六時中、「腰骨を立てる」以外に、
真に主体的な人間になるキメ手はない。

「腰骨を立てる」ことは、
エネルギーの不尽の源泉を貯えることである。
この一事をわが子にしつけ得たら、
親としてわが子への最大の贈り物といってよい。

一、腰骨を立て
二、アゴを引き
三、つねに下腹の力を抜かぬこと
同時にこの第三が守れたら、
ある意味では達人の境といえよう。

http://www.jissenjin.or.jp/profile.html

要するに姿勢をよくするということ、背すじを伸ばすということだが、これは医学的にみても理にかなっている。人間は二足歩行を始める前は四足で歩いていた。そのときは背骨が前足と後ろ足のあいだにややアーチ状になってぶら下がっていた。胸の部分は胸郭があるのであまり反れないが、腰は大きく反っていた。だから腰椎は反りきみになったとき、関節面がきれいにそろうようになっているのである。

二足歩行になっても背骨の形はそれほど変わらず、腰はピンと立てる、というかやや反りぎみになっていると関節面がそろう。また体重がうまくのり、背筋などの負荷が軽くなる。腰を立てる、腰を入れる、ということが大切なのである。重量挙げの選手の姿勢を見るがいい。お尻を突き出すようにして構え、腰を反らせるようにしてバーベルを持ち上げている。体操の選手の着地姿勢を見るがいい。お尻を突き出して、腰をそらすように立てているではないか。

頭とお尻のあいだには脊髄という中枢神経が走っていて、それを脊髄硬膜というのが包んで保護している。腰を立て、背すじを伸ばした状態だと、この硬膜がリラックスできる。ところが背中や腰が丸くなると、脊髄硬膜が緊張し、その緊張が延髄や脳までおよぶ。その結果、脳と脊髄を栄養している脳脊髄液の循環がそこなわれ、間接的にさまざまな病気を引き起こす。まっすぐな姿勢が心をしゃんとさせることは疑う余地がない。

椅子に座るときは、お尻を奥まで深く入れ、少し反るぐらいにしてからだを起こし、腰を立てるといい。畳やジュータンに座る場合は正座がいいが、あぐらの場合はお尻の下に5㎝ぐらいのものをかって、やはり腰を入れて座るといい。わたしも瞑想をするときは硬めの座布団を敷いて、あぐらをかいている。腰を立てて背すじをのばし、顎を引き、肩の力を抜いて坐る。長いあいだ座っていると背中や腰が丸くなってくるが、気がついたら腰を立てるようにしている。

元ミス日本の知花くららさんも姿勢がいい。コツは背もたれを使わないことだという。先日、安田成美をテレビで見たが、姿勢のよさが印象に残っている。やはり背もたれは使っていなかった。そのぶん、若く美しくみえる。昔の日本人は着物を着たから姿勢がいい。背中を丸くしたら、胸ははだけるし、襟足は覗くし、ひどく見苦しい。子供たちにも、子供たちの将来のためにも、腰を立てることを教えるべきだろう。頭のてっぺんをヒモで吊られるようなイメージを持ち、下腹部(丹田)に意識を置くとなおいい。

腰を立て
軽くあごを引き
肩の力を抜くと
心が
しゃんとする

| コメント (2)

2012.12.28

松井秀喜

甲子園の怪物
巨人の四番打者
ヤンキースのMVP
松井秀喜
やっぱりすごい

| コメント (4)

がまん

素敵な女性には
節操もなく
ときめいてしまうが
女房持ちなので
がまん がまん

| コメント (6)

特別救助隊

P1230710

通勤時、前を行く真っ赤なトラック。コンクリートポンプ車ともちがう。ハザードランプを点滅させている。消防車のような色だが、急いでいる様子もない。ナンバープレートの下に川崎市消防局と書いてある。カーブを曲がるとき、側面に「特別救助隊」という太い文字が見えた。運転席と後列に5人ぐらい消防隊員が乗っていた。

どうやら新車の試運転を兼ねて、市民にデモンストレーションをしているらしい。後ろに装備されているのはクレーンのように見える。梯子もある。エンジンのカッターなども積んでいるのだろう。頼もしい車両だが、できればこんなやつが活躍しないでほしいものだ。

| コメント (0)

2012.12.27

門松が走る

P1230720

年の暮らしさが
薄れていくなか
門松を積んだ
トラックに出会って
ちょっと嬉しい

| コメント (3)

寒波

けさの東京の気温は最低が零下1℃、最高が7℃で、この冬一番の寒さだという。部屋の中にいても窓際から冷気が入ってくるのが分かる。庭の土は霜柱で浮き上がり、その高さは5㎝以上になる。人工芝を敷いたところも、その下の地面が凍り、歩くとバリバリ音がする。

P1230711

P1230713

外のバケツの水も凍っている。逆さにして氷の厚さをみると、じゅうぶん1㎝はある。昔なら水道管が破裂して大騒ぎになったことだろう。とにかく寒い。頬が痛いくらいだ。

P1230714

P1230716

夏はひどく暑く
冬はひどく寒い
地球温暖化は
気候が極端に
なるらしい

| コメント (5)

2012.12.26

烏瓜の実

P1230638
からすうりの実

葉が落ちても
木が枯れても
春への望みは
けっして
捨てることがない

| コメント (5)

2012.12.25

うちの野菜ジュース

Vege_3

半年ぐらい前からはじめたスムージー。酵素が活発な野菜ジュース。
ジューサーだと水分だけになるが、固形部分も砕いて飲む。
ミキサーより使いやすいこちらの器械を通販で買って使っている。

中に入れているのは、リンゴ、ゴールドキウイ、パイナップル、ショウガ、カブの葉、ユキノシタ、小松菜、レモンなど。リンゴや キウイなどは皮のまま。これも中性脂肪を減らすのに役立っていると思う。お湯を加えているので、冬でも飲みやすい。

| コメント (5)

2012.12.24

東京駅の光ビジョン

きのうのつづき。上野駅から山手線で東京駅に行く。丸の内側の新しい駅舎が見たかったのと、18時から光ビジョンの投影が行われると聞いたからだ。なんでもレーザー光線を使って駅舎に映像を映し出すらしい。駅なかのお店を見たあと、丸の内口に向かったが、中央口は閉鎖していた。丸の内南口に回っても人、人、人だ。なんとかドーム天井を写真に収める。

P1230688
東京駅丸の内口のドーム天井

P1230690

P1230694
TOKYOミチテラス2012 イルミネーションはきれいだが、人があふれている。

地下道を歩いて皇居の方に向かい、D1から地上に出るとすごい人だ。道路の両側のイルミネーションがきれいだ。そんな中、ひたすら東京駅の駅舎が見えるところまで進む。マスコミがこの光ビジョンのことを報道したせいで、このイベントを知った人たちが大挙して押し寄せたのだろう。投影開始の18時が近づくと、さらに人が増え、もう満員電車に乗っている状態になった。

さすがに、これでは事故が起こるなと怖くなった。以前、神戸ポートピアの歩道橋で花火を見る見物客が押し倒されて死者が出たことがあるが、あれを思い出した。なかには子供や年配者がいたりするから大変だ。そんな状態のまま光ビジョンの投影が始まった。ちょうど公孫樹が間に入ってよく見えない。大きな音楽と、ちらちら光が踊っているのが見える。ま、雰囲気はつかめたが、映像はあまりよく見えなかった。

P1230696

Hikari
東京駅の光ビジョン、googleで検索した画像を借用

15分ほどで投影が終わった。もう一度見ようと思って待っていると、アナウンスが入った。「観客が多くて車道にもあふれたため、危険なので今日の上映はこれにて中止いたします」というものだ。これは賢い選択だと思う。こんなに人が集まるとは、主催者も「想定外」だったのだろう。もう東京駅には行かず、二重橋から地下鉄千代田線に乗って帰宅した。けさの新聞を見たら、今日も中止となっていた。そのほうがいい。

今は
情報が
瞬時に伝わるから
何が起こるか
予想がつかない

| コメント (5)

2012.12.23

上野、鈴本演芸場

東西の女流落語家が競演するというので、上野の鈴本演芸場に行った。新宿の末広亭はよく行くし、浅草演芸場も何度か行ったが、鈴本は初めてだった。午後一時開演だったが、すこし早めに行って、湯島天神をお参りした。時節柄、そして休日ということもあって、受験生やその家族らしき人でにぎやかだった。いざとなると神仏に願いを託す気持ちは分からないでもない。それにしてもすごい絵馬の数だ。天神様もさぞや忙しいことだろう。

P1230665

P1230662

湯島天神のまわりの商店街は白梅商店街という。湯島の白梅といえば、泉鏡花の『婦系図』を連想させる。天神様から鈴本演芸場までは5、6分ほどだった。

P1230669

P1230675

年末特別興業「東西女流華乃競艶会」。すごいタイトルだ。競艶会というのが女らしい。正直言って、女性の落語というのは聞いたことがないので、どんなものか心配だったが、蓋を開けてみると、これがなかなかいい。とくに子供や色っぽい女性を演ずるときはいい。男の落語家がいくら子供の声色を使っても、品を作っても、女にはかなうまい。逆に、女が男の大家なや年寄りを演じるのはなかなか難しい。

関西の女性落語家はともに創作落語で、こちらは漫才みたいに楽しかった。露の都という年増の落語家はとくに面白かった。「こんなこと言っていいかしら」なんて気を持たせ、聴衆の注意をそらさない。もう一人の若いほうも、神戸、大阪、京都の女性3人を登場させて、それぞれの方言や気質を交えて面白い話をしてくれた。江戸屋猫八もうまかった。トリは菊千代さんの落語「子別れ」だった。女の落語家もあなどれない。

P1230677
徳大寺

P1230680

それからアメ横に行った。秋田の親戚を送り迎えするために、上野駅やアメ横にはよく行ったが、もう何十年も前のことで、本当に久しぶりだ。休日で正月が近づいていることもあって、人が多い。どれもお買い得だが、荷物になるので見るだけ。途中、徳大寺という日蓮宗のお寺にお詣りをする。京子はフクロウの模様がついた黄色い財布を買って、喜んでいる。屋台みたいな店でマグロ丼を食べた。600円というから驚くが、ネタがいいのでまた驚く。人が集まるわけだ。

P1230681

P1230683

アメ横は
元気がいい
不況とは
無縁の街に
見える

| コメント (2)

2012.12.22

うちの野菜スープ

P1230645

毎日、食事の前に食べている野菜スープである。けさ妻が作ったいたので写真を撮った。大鍋でいっきに作り、冷蔵庫に保存し、そのつど食べる量だけミルクパンで温めて食べている。中身は次のようなもので、味付けは一切しない。それでじゅうぶん甘い。

ニンジン、ゴボウ、ブロッコリー、タマネギ、きのこ類(マイタケ、シメジ、エノキ、キクラゲ、シイタケ)、葉物類(キャベツ、大根葉、蕪葉など)、ショウガ、昆布、ミニトマト・・・

毎食このスープを飲むので、これで3、4日しかもたない。写真の左上の袋に入ったものはタマネギの皮である。調味料なしでも驚くほど甘い。小分けして食べるときは、少量の味噌や塩を加えることもある。

人間は
肉食動物のような
武器を持たない
ほんらい
菜食動物なのだ

| コメント (11)

しんゆり五行歌会(12月)

たった一人でも良い     高岡蘭(一席)
心のヨロイを
脱げる相手を見つけ
したたかに しなやかに
生きてゆく

失くした夢           橋詰光恵(二席)
忘れた夢の
カケラを
拾い集めて
万華鏡にする

白菜の漬物で         ripple(三席)
炊き立てのごはんを 
巻いて食べるとき
かなしいくらい
しあわせを感じる

風に乗って           京子
舞う木の葉は
天から
金粉が
降ってくるよう

| コメント (4)

2012.12.21

高浜年尾の句碑

P1230629
枡形山展望台

P1230630
背の高い柚子の木

P1230637
クチナシの実

午前中は薄日が差したが、だんだん曇って、うすら寒い一日になった。枡形山の頂上も人気がなく、よけい寒々しい。山道には枯れ葉が積もり、それを踏んであるくとやわらかくて気持ちがいい。途中、大きな柚子の木を見つけた。となりの電柱と背比べをしているようである。きょうは冬至で柚子湯に入る人が多いだろうが、この柚子たちにはお呼びがかからないようだ。クチナシの実が明るんでいる。お節料理のキントンの色付けに使われるかもしれない。

P1230640

P1230641

登戸病院の跡地の奥に「老人いこいの家」があるが、 その手前に句碑が立っていた。いままでこれには気づかなかった。

  そゞろ来て 夜の梅林を 抜けんとす

とあり、中七が字余りだ。作者は高浜年尾とある。調べてみると、あの高浜虚子の長男で、正岡子規が命名したそうだ。いま俳壇で活躍している「ホトトギス」主宰の稲畑汀子の実父になる。 年末になると、虚子の

  去年今年 貫く棒の 如きもの    去年今年: こぞことし

という句が頭に浮かぶ。時間の流れを「つらぬく棒」とやったところがすごい。

木々が
裸になった
小鳥たちは
どこで
眠るのだろう

trees are naked now
and how would
those little birds
hide themselves
to spend the night?

| コメント (2)

形あるものは壊れる

ファクスが壊れ
乾燥機が変な音を出し
電気炬燵が臭う
ぜんぶ買い替えたが
こんどは何?

| コメント (3)

2012.12.20

たまりばーるのお惣菜

P1230626

キッシュ風オムレツ               
里芋のトマト味噌煮
ごぼうの梅煮
焼き大根のネギソース添え
キャベツのピクルス
サラダ、豆腐
豆乳ポタージュ

お昼はお弁当がなかったので、久地のカフェ「たまりばーる」に行った。きのうからクリスマスメニューになっていた。とくにクリスマスという感じではないが、ちょっぴり豪華になっていた。オムレツも里芋もよかったが、ごぼうの梅煮というのがとくに美味しかった。ことこと6時間ぐらい煮込んだそうで、やわらかい。梅干しの味がほんのり香って絶妙の味に仕上がっている。焼き大根のネギソース添えも美味しい。豆乳ポタージュもホッとする味だ。幸せな気分になる。

うちでは玄米を定期的にとっているが、最近はご飯を食べる量が減ったので余ってしまう。玄米を精米したりして食べても余る。だから、どうしても内ごはんにしてせっせと食べなければならない。それで外食が少なくなり、「たまりばーる」へ行くことも減ってしまった。でも、やはり、ここの料理は美味しい。ありがたい店である。

天理教でも
佼成会でも
無宗教でもいい
クリスマスには
世界の平和を祈ろう

| コメント (6)

2012.12.19

スエヒロのサラダバー

中性脂肪が高かったので、自分なりに糖質ダイエットを行っている。朝は野菜スープ、野菜ジュース、豆乳ヨーグルト。昼と夜はごはんを減らし、昼休みはなるべく散歩をしている。600以上あった中性脂肪が200ぐらいに下がった。ただ体質的なものもあるので油断はできない。

歌会の前に、新百合ヶ丘のスエヒロに入ってランチを食べた。ヴィパッサナーでは肉食は避けるようにというが、たまには肉でも食べてみようという気になる。とくに肉はタンパク質なので、中性脂肪には影響しないから打ってつけだ。京子はドリンクバーつき日替わりランチ、わたしはハンバーグランチにドリンクバーをつけた。そして、それぞれサラダバーをとった。ドリンクバーは150円+tax、サラダバーは200円+tax。

P1230625
スエヒロ新百合ヶ丘店のサラダバー

肉の専門料理店だけにハンバーグはうまかった。ドリンクは野菜ジュース、マンゴージュース、コーヒーなどを飲んだ。驚いたのはサラダバーのメニューである。数え切れないほどの種類があって、ホテルのバイキングもかなわないのではないだろうかと思うほどだった。青物は、レタス、水菜、キャベツ、カイワレ、オクラ、ブロコリー、ワカメ、それに枝豆の豆もある。さらに、モヤシ、ダイコン、赤タマネギ、コーン、ミニトマト、ポテトサラダ、スパゲッティ、それにキュウリの漬物まである。さらにデザートも、パイナップル、ブドウ、オレンジのゼリー、巨峰のゼリーなどがそろっている。

ごはんのおかわりも自由というが、糖質制限中なので遠慮する。というか、すぐに腹がいっぱいになってしまった。サラダをいろいろ食べたが、バイキングと同じで食べ過ぎてしまった。サラダバーだけだと400円+taxらしいが、こんどはサラダバーとブレッドバーだけでもいいかもしれない。不況とはいえ、こんなにサービスしてやっていけるのだろうかと心配になる。なにせ、二人で2300円足らずだもんね。店がゆったりしているのも気に入った。

大型店が
これでもかと
サービスをするから
小さな飲食店は
たいへんだな

| コメント (4)

やはり原発ゼロだ

ヒマラヤの天辺も
かつては海底だった
原発は
どこにつくっても
やばい

核のゴミは
とんでもない毒
何万年も
何百万年も
毒であり続ける

安倍総裁
忘れないでください
日本国民の
ほとんどが
原発反対ですからね

| コメント (4)

2012.12.18

自転車は危ない

日曜日のこと、自転車で狭い路地を入ろうとしたとき、後輪のスタンドの部分を真ん中に立っていた杭にひっかけて転んでしまった。右肘をブロック塀ですりむき、右臀部をアスファルトに打ちつけた。さいわい大したことはなかったが、最近あまり自転車に乗っていなかったせいか、反射神経が鈍くなったことを痛感させられた。

    Chari

半年ぐらい前、その路地の入口に自転車止めの杭が3本立てられた。見通しが悪いので、子供たちが飛び出さないようにか、自転車を降りて通るようにしたのか分からないが、いずれにしろ事故が多い場所なのだろう。その杭のあいだを自転車に乗ったまま通り抜けようとした自分が悪かったのだ。自転車を漕ぐとき膝が伸びきるように、サドルの位置を高くしておいたのもいけなかった。とっさに右足が地面につかなかったのだ。

それから注意して自転車に乗っているが、あちこちに危険が待っていることに気づく。歩道を走れば歩行者にぶつかりそうになるし、車道を走れば停車中の車や自転車などが邪魔になる。歩道と車道の段差もこわいし、見通しのきかない交差点、子供の飛び出しなども危ない。もちろん自転車や自動車とのすれちがい、追い越しなどもこわい。

わたしの叔母は、梨園の角を自転車で曲がるとき中学生の自転車と衝突して転倒し、足首を骨折して1か月ほど入院したことがある。わたしの恩師は阿佐ヶ谷の歩道を歩行中、横から来た高校生のサイクリング車にぶつけられて転倒し、鎖骨を骨折した。それで2か月ほど治療院を弟子にまかせていたことがある。

自転車事故は自分か相手か必ず怪我をともなうので、じゅうぶん注意しなければならない。近ごろ増えた電動アシスト自転車などはスピードが出るので、便利だろうが危険も大きいのではないだろうか。はじめは反射神経の衰えについて書こうと思ったが、いつのまにか自転車の危険についていろいろ書いてしまった。

自転車は
スピードが出る
止まれば倒れる
もともと危険な
乗り物なのだ

| コメント (8)

2012.12.17

新しいファクス

Fax2
panasonic KXx-PD601 シャンパン・ゴールド

自宅のファクスの調子が悪いので、あさひでんきさんから新しいのを購入した。これがなかなかのすぐれものである。A4の普通紙ファクスだが、大画面液晶がついていてファクスを印刷しなくても画面で見ることができる。もちろん、B4で送られて来たものは自動的にA4に縮小してくれる。そのぶんコンパクトである。拡大やスクロールができるから内容を確認し、必要なら印刷すればいい。これを見てから印刷と呼んでいる。これなら紙もインクも無駄にならなくていい。

ボタンが大きいのも、老眼が来ている目に優しい。電話が鳴るとLEDアンテナとボタンが光るので、多少耳が遠くても電話が来たことが分かる。ファクスの画像と音声をSDカードに記録できるのもいい。それをテレビ画面(ビエラ)やパソコンで見ることができるし、重要なものはパソコンに保存できる。ナンバーディスプレーの登録をしなくても、「どちら様ですか」と相手の名前を催促できる機能なんかもついていてセキュリティーにも配慮している。2万円あまりだから、安い買い物だ。

ファクスといい
スマホといい
タブレットPCといい
どこまで
進歩するのだろう

| コメント (6)

衆院選

衆院選は
民主大敗
自民圧勝
世論調査
ほぼ正解

長期不況
財政赤字
格差社会
震災復興
問題山積

民主主義は
多数決とともに
少数尊重が大切
小選挙区制では
少数が消える

首相が
コロコロ変わるのも
どうかと思うが
独裁国家よりは
はるかにいい

| コメント (2)

2012.12.16

キャンドル・サービス

P1230614
2012 X’mas (フラッシュ使用)

P1230615
フラッシュなし、ローソクの灯りが白っぽくなってしまう。

登戸東通り商店街の空地でキャンドルサービスをやっている。秋にきりたんぽ祭りをやった場所だ。暗闇にたくさんのローソクが焚かれ、じつに美しい。クリスマスのイルミネーションらしい。スタッフに聞くと、地域のコミュニケーションを研究している専修大学のゼミの学生さんが飾ったそうだ。

P1230618

P1230619
実際はローソクの灯りがもうすこし赤く見える

P1230620

P1230624
フラッシュなしだとローソクの灯りが強く、真っ白になってしまう。

ローソクはペットボトルを半分に切って水をいれ、そこにミニローソクを浮かべただけのシンプルなものだが、数がそろうと圧巻である。クリスマスまで点灯されるのだろう。なにかほのぼのとした気分にさせてくれる。

闇に光は
救い
いまの日本にも
希望の光が
ほしい

| コメント (6)

冬ひなた

P1230606

冬日向
大根の白
きわだてり

| コメント (4)

2012.12.15

疑心暗鬼

選挙公報を読んでも
政見放送を聞いても
疑心暗鬼がつのる
消去法で
行くしかないようだ

| コメント (2)

ブロック塀のつた

P1230584

葉が落ちて
ブロック塀に
へばりつく
蔦の血管が
露わになった

| コメント (4)

2012.12.14

骨のある奴

Ichou

寒風が
吹き荒れて
イチョウの葉が
はぎ取られた
骨のある奴だ

| コメント (4)

秋明菊の綿毛

P1230603

おっとりと
咲いていた
秋明菊が
綿を
つくっている

| コメント (4)

2012.12.13

野田総理、向ヶ丘遊園駅前に

散歩をしていたら、ダイエーの当たりに警察官がたくさんいる。なにか事件でもあったのかと思ったが、それにしても尋常の数ではない。買い物をすませて向ヶ丘遊園駅の方に行くと、警察官だけでなく私服刑事らしき人が目につく。南口のロータリーまで行くと、民主党の選挙カーが止まっていて、テレビカメラなどが多数セットされていた。人も多くなっている。

P1230608

選挙カーからウグイス嬢が叫んでいる。「午後2時から駅前で笠ひろふみの立ち会い演説会を行います。2時20分には野田総理が応援演説にまいります。黄色いシャツを着た人たちの輪の中に入ってお聴きください」。そうか、総理大臣が来るので厳重な警備がしかれているのだ。

P1230610

P1230612

午後2時には患者さんが来るので、治療室にもどらなければならない。途中、笠ひろふみの選挙カーとすれちがった。ウグイス嬢が、2時から向ヶ丘遊園駅前で選挙演説があること、2時20分には野田総理が応援に来ることを、スピーカーで繰り返していた。民主党は苦しい選挙戦をしいられているから必死なのだ。

民主党は3年前に政権をとったが、鳩山由紀夫がわけのわからないことをやり、菅直人が内部分裂に拍車をかけた。野田佳彦が踏ん張っているが、消費税増税、マニフェスト違反、小沢一郎の離党などで、衰退の一途をたどっている。もともと寄り合い所帯なので、民主党は危機敵状況にあるのだ。自民党、日本維新の会、未来の党、みんなの党、社民党、共産党、新党改革など、政党が乱立している。政権はどこに託したらいいのだろう。

| コメント (8)

2012.12.12

大腸内視鏡検査

朝食を抜いて、8時ごろから下剤のニフレックを飲み始める。1時間かけて最初の1リットルを飲む。寒い朝なので、冷たい水溶液を1リットルも飲むと寒くなる。やがて便通を催し、トイレに行く。2時間で2リットルを飲み干すころまでに5回ぐらいトイレに通い、腸の内容物がほぼ空になった。洋式トイレで洗浄できるからいいが、そうでなかったら肛門に炎症を起こしただろう。

正午に病院に行くが、混雑していて名前を呼ばれたのは40分ぐらいたってからだった。そこでお尻の開いた紙パンツを履き、ベッドに仰向けになる。まな板の鯉だ。やがて先生が来て、右腕に点滴の針を刺す。鎮静剤らしい。それから左を下にして横になる。いよいよ内視鏡の挿入が始まる。

先生は数をこなしているので手際がいい。腹の中をゴニョゴニョ管が進んでゆくのが分かる。右腹のほうに感覚があったので盲腸までいったのだろう。そこから検査をしながら大腸をもどるのだ。腸は何か所も曲がっているので、管が無理に通るところもあり、そのときは腹が痛む。思わずウッとうなってしまう。とくに最後のS字結腸あたりは痛い。そのへんがガンの頻発領域なのでていねいに診てくれているらしい。もうかんべんしてくれ、と叫びたくなる。やがて検査が終わる。15分ほどだったろうか。

「蹂躙された」という言葉がある。踏みにじられたという意味だが、まさにそんな感じだった。腹の中があちこちが傷めつけられた感じで、シクシク痛む。これで大腸の検査は3回目だが、この検査は慣れるということがないみたいだ。検査結果はセーフ。大腸の粘膜がきれいに映っていた。先生の説明にも納得した。便が細いのは機能的なものだろう、ということだった。20代のときの交通事故の影響があるのかもしれない。

うちに帰っても、しばらくお腹が苦しかった。あれこれ痛みのとれる姿勢を探していると、四つん這いになったときがらくになることを発見した。四つん這いになると腹が垂れ下がり、腹部の緊張がとれるからだろう。キリキリと痛みがくると、四つん這いになった。そのうち大きなガスが何度か出て、痛みがとたんにらくになった。内視鏡検査のとき、検査をしやすくするために空気を送り込むのだが、それが腹にたまって痛んだらしい。徐々に痛みは消えていった。

大腸内視鏡検査
器具を開発した人
進化させた人
技術を取得した人
みなさんに感謝

| コメント (5)

2012.12.11

おお寒っ!

P1230599

P1230602

霜柱の
輝きを見て
あらためて
けさの寒さを
知る

| コメント (7)

イヌのひっぱり抑止胴輪

Drag1香華飯店のブログに、イヌの「ひっぱり抑止胴輪」というのが紹介されていた。名前がぎごちないが、これをつけると飼い主を引っ張るイヌがいっぺんで引っ張らなくなるそうだ。実際、香華飯店愛犬にこれを装着したら、いっぺんで引っ張らなくなったという。首輪でなくハーネスタイプで胸の部分にかけるのでイヌにも優しいらしい。最初に背中と胸のサイズを決めれば、あとは胸のバックルで簡単にセットできるという。

イヌがリード(ひも)を引っ張ると、ハーネスのセンターが横にずれ、からだが横を向いて真っ直ぐ歩けなくなるという。困った犬はそこで止まる。これを繰り返しているうちに、飼い主を引っ張るようなことがなくなるというすぐれものだ。イージハーネスという名前のものなど、似たようなものが何種類か出ているらしい。

Drag2

https://www.youtube.com/watch?v=7Ul2ndWVORk

以前、うちでもイヌを飼っていたが、散歩のときりぐいぐい引っ張られたものだ。チョークチェーンというのをつけようとしたが、嫌がって絶対つけさせなかった。首輪の内側に突起がついていて、犬が引っ張ると痛むようになっているものもあった。拷問みたいなものだ。イヌが引っ張ると首輪を強く引いたり叩いたりしたが、べつの犬が来たりすると興奮してどうにもならなかった。もっと早くこういうのを知っていたら苦労しなかったろう。

| コメント (4)

2012.12.10

満天星の紅葉

P1230597
ドウダンツツジの紅葉

ダイエーの南側の遊歩道わきに植えてある満天星(どうだん)が紅葉している。春にアセビのような白い花を咲かせるので満天星と呼ばれるが、秋の紅葉もみごとである。北側のものはほとんど散ってしまったが、ここは暖かいのでまだ見頃だ。反対側にはバラの花が咲いている。秋のバラが咲き続けているようだが、冬バラというのもあるのだろう。控え目に咲いているが、なかなかきれいである。コンパクトカメラだが、よく撮れている。

P1230585
名前は分からないが、プリンセス・ダイアナみたいだ

P1230596

P1230591

P1230594

P1230587 

外に
出るのはいい
かならず
あたらしい
発見がある

| コメント (4)

スカイツリー

色だろうか
形だろうか
高さだろうか
スカイツリーは
冷たく見える

| コメント (2)

2012.12.09

真央ちゃん

Mao_3 

15歳のころから
クルクル回っていた
真央ちゃん
22歳になって
天使のように舞う

https://www.youtube.com/watch?v=AD7aXaUNEgE

Dai

4回転なんて
夢のようだったが
高橋大輔も
そつなくこなして
グランプリ

| コメント (5)

2012.12.08

核のゴミ

Radi2

核のゴミは
捨て場所がない
原発を止めなければ
人類は
かならず破滅する

| コメント (9)

おせっかいおばさん

あの
おせっかい
おばさんは
どこへ
行ったのだろう

男性も女性も結婚しない、できない人が増えている。
コミュニケーションの希薄な時代、ちょっと昔を思い出す。

| コメント (4)

2012.12.07

夜の地球

Night3

NASAが衛星画像のデータをコンピュータ処理して、「夜の地球」を公表した。けさのニュースで女性のアナウンサーが「わあ、きれい」と感嘆の声をあげていた。たしかにイルミネーションのようにきれいに光が輝いている。しかし夜はもともと真っ暗だったのだから、いかに人間が地球を占領したかが如実に示されている。船の灯りまでとらえられているそうだ。 欧米や韓国、日本がとくに明るい。北半球に比べて南半球はかなり暗いが、先進国と後進国がはっきりするのも不気味である。夜の地球があまり明るくならないことを望む。

Night1_2

わずか
50年ぐらいの間に
地球の夜が
ひどく明るくなった
なにかおかしい

| コメント (2)

ヒイラギの花

P1230560
柊(ひいらぎ)

多摩川の土手を歩いていたら、ヒイラギの花を見つけた。 そばに近寄るとあの甘い匂いがつんときた。ライラックやキンモクセイほどではないが、同じ仲間だからかなり強い匂いがする。以前はあちこちに柊の木を見たが、最近はあまり見かけなくなった。木へんに春のツバキのほうは多いが、木へんに冬のヒイラギは絶滅危惧種になってしまったのだろうか。最近の子供はヒイラギの葉っぱで風ぐるまをつくって遊ぶなんていう贅沢なことはできなくなくなってしまった。

柊の花に
鼻を近づけて
深く息を吸うと
右脳が
小躍りする

| コメント (6)

2012.12.06

ジャズでクリスマス

Charito2
チャリート(ジャズシンガー)

Charito1夕べは多摩市民館に行って、「MUZAナイトコンサート・ジャズで楽しむクリスマス」を聴いた。生のピアノ、テナーサックス、ベース、それにドラムが耳に心地よい。ヴォーカルのチャリートさんはフィリピン人らしい。愛嬌たっぷりに乗りのいい曲を披露した。ロック系のやかましい曲にはついて行けないが、スローなジャズはいい。ウインターワンダーランドなどのクリスマス曲も散りばめられていて、なかなか楽しかった。スタンダードのSmileやJust the way you areなんか、ちょっと覚えて歌いたくなった。英語にはつよい方だけど、歌を聴きとるとなるとひどく難しい。なんとなく雰囲気を楽しんでいるが、意味が分かったら数倍楽しくなるだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=3Ds0lSrlG3g

| コメント (3)

2012.12.05

上川霊園

P1230518

P1230512

P1230514

P1230501

叔母とそのお嫁さんを乗せて、八王子の上川霊園に行った。天気がよく、富士山がひときわ美しい。笹子トンネルの事故があったせいか、すこし車が少ないように思う。八王子インターから圏央道に入り、トンネルを抜けると八王子西出口である。上川霊園はそこから10分ほどだ。霊園は360度山に囲まれている。その山々が茶色に色づいている。ここまで来ると気温もだいぶ低くなるし、空気も一段と清浄になる。いつも感じることだが、お墓参りは気持ちがいい。

秋川街道は
山東菜などの
畑が多かったが
住宅に
席捲されようとしている

| コメント (2)

2012.12.04

ほんとに師走

師走の二文字が
12月にふさわしい
とくに今年は
衆院選で
ほんとに先生が走ってる

| コメント (3)

2012.12.03

トンネル崩落事故

中央道笹子トンネル事故。
トンネルの吊り天井のアンカーボルトが老朽化して抜け落ちたらしい。
大きな地震でもきたら、同じ工法のトンネルはとんでもないことになる。

トンネルは
丸いから
安全なのに
なぜ
天井なのだ

| コメント (4)

2012.12.02

ヴィパッサナーの瞑想

呼吸と
からだの感覚を
追っていると
一時間が
あっという間に過ぎる

| コメント (2)

2012.12.01

正とゲジゲジ虫

治療室から出す年賀状の枚数をチェックしていたら、おもしろいことを思い出した。日本では数を集計するとき、ふつう5画の「正」という字を使う。横縦横縦横と順に棒を引いて正の字が完成したら、5を示す。ちょっとした会合で選挙をするときなど、これを使うと得票結果が分かりやすい。正の字が3つできて横棒が1本あまれば、5×3+1で16となるわけだ。日本人なら誰でも知っている集計のしかたである。

学生のころ、AIESECの研修で2か月ほどドイツのカールスルーエという街にいたことがある。デパートで見習いのようなことをやっていたが、学生だからほとんど遊びのようなものだ。あるとき上司の女性と支店に行き、衣類の在庫の検査をした。そのとき、わたしは正の字を使って売れ残った服をチェックしていった。そうしたら、上司が「あんたなにやってるの」と叫ぶではないか。「チェックはこうやるのよ」と教えてくれた方法がこうだ。

Photo_2

まず、短い縦の棒を引いていく。もちろん、1なら1本、2なら2本引く。4までこれで行く。そして、5になったら長い横棒を4本の短い縦棒に交差させるように引くのである。このゲジゲジ虫のようなかたまりが5を示すことになる。そのかたまりが2つあれば10というわけだ。漢字民族からみると、なんとも情けない原始的な記号である。だが実際に使ってみると、これはこれでなかなか便利である。西洋ではこういう方式が一般的なのだろう。

| コメント (5)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »